ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

快速あいづ号・あいづライナー号◆データファイル

快速あいづライナー号G編成

新生「快速あいづ」号!

仙台の485系が廃車となった後、リゾートみのり車両を使うなどして維持されてきた臨時快速あいづ号が運転されてきたが、2020年3月改正においてÈ721系を使用する快速列車に指定席着席サービス(1両の半分ほど)を導入することに伴い「快速あいづ」として運転することが発表された。車両の外観は指定席部分の外側に太いピンクと緑のストライプ、その間に細く白いラインが入っている。ピンクライン上に「RESERVED 指定席」と書かれているので専用車両であることがわかる。ダイヤ改正での登場ということだが、2月に無料期間として運転開始するようだ。

快速あいづライナー号の簡単な解説

◆ 郡山~会津若松・喜多方を結んで運転されてきた快速列車、あいづライナー号。特急ビバあいづ号を経て再び特急あいづ号という名で設定されなおした列車が利用者減に陥り、2003年10月1日に特急料金不要の「快速」に格下げされたのが快速あいづライナー号だ。

引き続き国鉄色の485系6両を使用し、グリーン車や普通車指定席もそのまま設定された。2004年後半から一旦廃止されたものの、デスティネーションキャンペーンを機に特急あいづ号が復活。その流れに乗って、快速あいづライナー号も復活した。しかし、2015年3月14日ダイヤ改正で「車両の老朽化」を理由についに廃止されることになった。

* 追記* 2016年6月18日に仙センの485系国鉄色ラストランイベントで「特急あいづ号ヘッドマーク」&「あいづライナー(あかべぇ)マーク」を掲げ て郡山~会津若松の往復運転を実施。翌19日のつばさ号マークでの運転を最後に485系原型車両の営業運転は終了する。いずれも旅行商品としての販売。

◆2016年夏以降の復活「快速あいづ号」

485系車両の廃止で先行きが不安視されていた磐越西線の快速列車だが、2016年の夏は意外にも秋田所属の583系により運転を行なうことが発表された。夏の、甲子園臨なども予想される時期の使用は少々驚きだったが、それよりさらに驚きだったのは2016~2017の年末年始(12/29-31、1/2-4)の配車だ。なんと気動車のジョイフルトレイン、リゾートみのり号が快速あいづ号として走ることになった。

◆快速あいづライナー号の画像

快速あいづライナー
aizu7

・2012年2月25日から、あいづライナー号には元特急日光特急きぬがわ号用だったG55・G58編成485系車両が使用された。【参考サイト:たくたくのページ485系あかべぇ」】ラッピング車両であいづライナーらしさを出していたが、トレインマーク窓がない車両なのが残念。しかし同編成の検査時など、時折485系原形・原色のA1・A2編成(仙台車両センター所属)が代走することがあった。2011年6月に「あかべぇ」編成の塗装を国鉄色に復元したもの、またトレインマークは引き続き「あかべぇ」デザインのままで、高い人気を誇った。

◆快速あいづライナー号のお役立ちサイトご紹介

●【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●クハネ583-8 クハネ583-17 クハ481-1016

●【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●485系日光・きぬがわ型

◆快速あいづライナー号のデータファイル

【登場時:2003年10月1日】 ●運転区間:郡山~会津若松  運転本数:  使用車両:485系
【2004年8月?】設定終了。
*********************
【2007年3月18日】復活。
【2012年2月25日】使用車両を変更。日光きぬがわ型485系に。
【2015年3月14日】485系の老朽化により廃止に。
*********************
【2016年8月12~16日】快速あいづ号として、583系を使用して郡山~会津若松間で運転。
【2016年12月29-31日、2017年1月2-4日】快速あいづ号として、キハ48系リゾートみのりを使用して郡山~会津若松間で運転。

 

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

保存

タイトルとURLをコピーしました