【観光快速】あめつち号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・

観光快速あめつち号の簡単な解説

◆ 鳥取駅~出雲市駅を3時間50分前後かけて結ぶ観光快速あめつち号。土曜・休日を中心に運転している。車内では、山陰の豊かな自然の中で育まれた地産品や地元に因んだお食事、お飲物などを提供している。

山陰海岸の日本海、大山、宍道湖、斐伊川など沿線に広がる自然豊かな見どころが多数ある。雄大な日本海を望む車窓では徐行運転を行い、山陰ならではの美しい風景をゆっくりと堪能できる。演出やイベントの企画には地元の協力も得、「山陰色」豊かなものとなっている。

また、自然や日本のルーツを、「ネイティブ・ジャパニーズ」というコンセプトで車両にデザインしている。キハ40系の改造車両であるジョイフルトレインは珍しくないが、なかなか個性的なコンセプトの列車に仕上がっている。

画像提供:KOGANETURBO様

観光快速あめつち号のトレインマーク

観光快速あめつち号のトレインマークと呼べるものは3種類、貫通扉、貫通扉上(元表示幕窓)、ボディーサイドのドア付近に存在する。

いずれも「天」に対して光の放射状の縦ライン、「地」に対して海の横ラインを対照的に見せるデザイン。それにしても、これほどまでに文字の大きさの割合の大きなマークはなかなかないと思われる。

※ 画像はトレースではなく写真の切り取り画像です。

タイトルとURLをコピーしました