ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

臨時特急I LOVEしまんと号◆データファイル

特急I LOVEしまんと号のヘッドマーク
特急I LOVEしまんと号のヘッドマーク

・⇒ 特急I LOVEしまんと号のヘッドマーク事典はこちら

特急I LOVEしまんと号の簡単な解説

◆ 高知~予土線経由~松山を結ぶ臨時特急として1997年7月28日から設定された特急I LOVE しまんと号。8月18日まで運転された最初の一か月は2日間かけて1往復する運転形態だったが、同じ年の9月からは区間短縮して高知~宇和島の運転となり、1日で1往復するようになった。以後1999年まで運転された。

車両デザインが特徴的で、前面にはかわうその顔が描かれたキハ185系2両(キハ185-1016+キハ185-9)。宇和島側の1号車に一部指定席があったほかは自由席だった。ちなみに、類似のペイントを施された列車として徳島本線を走った特急あい号があり、よく比較して語られることが多い。

もう一つ特徴的なのはその表定速度の遅さである。予土線、特に宇和島~江川崎の間の路盤の弱さ、線形の悪さが一つ目の要因、そして臨時列車であるがゆえの運転停車の連続がもう一つの要因となり、宇和島~高知(154.3km)を走るのに【高知発】で3時間24分、【宇和島発】で3時間15分かかっていた。高知発の方は実に45.4km/hと、とても特急とは思えない鈍足だったのだ。

特急I LOVEしまんと号のデータファイル

【登場時:1997年7月28日】 運転区間:松山~高知(予土線経由)

・ 使用車両:キハ185系(専用2両編成)

【 同年10月4日】宇和島~高知 に区間短縮。

【1999年11月28日】廃止。

タイトルとURLをコピーしました