快速東海ライナー(117系)◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
た行

快速東海ライナーの簡単な解説

東海ライナー117系◆ 浜松・豊橋~名古屋・大垣を結んで運転されていた快速列車。それまでの主力だった153系を置き換えて117系を投入。関西地区に「シティーライナー」として投入された1979年から遅れること3年、1982年5月から「東海ライナー」という愛称とイラストヘッドマークを与えられて本格的に活躍を開始した。

とはいえ、シティライナーと同様にその愛称は通称のようで、時刻表への記載などは見られなかったようだ。1989年3月のダイヤ改正において東海地区に「新快速」が新規設定されるに際し、マークのイラストは姿を消したと思われる。

※画像提供:Teru-t2様(無断使用お断り)

東海地区における117系車両はオレンジ色の帯という印象が残っている方が多いかと思うが帯色変更は1989年以降のようで、オレンジ帯での東海ライナーHMは全くなかったか、あるいはあったとしてもごく短い期間だったに違いない。

快速東海ライナーのトレインマーク

快速東海ライナーのヘッドマーク

【HM登場】1982年5月

【HM引退】1989年3月

【HM使用期間】6年10か月

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました