ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急白根号◆データファイル

さ行

⇒ 特急白根号のヘッドマーク事典はこちら

特急白根号の簡単な解説

◆上野~万座・鹿沢口を結ぶ吾妻線の特急として1985年まで運転されていた特急白根号。

当初は臨時特急として登場し、車両は157系から183系へと移り変わったが、大きな発展を遂げたのは1982年。それまで急行草津が主役だったのが、1往復を除きすべて特急格上げとなり、特急白根として躍進を遂げたのだ。

特急谷川号や特急あかぎ号との併結運転で走る長大編成はなかなかの見ものだったが、1985年に新特急という新しい制度が設けられると同時に愛称が「特急草津」に一本化されたため白根の名は消えた。shirane1

その後、草津白根という愛称の列車が誕生したので往年の鉄道ファンはこの列車のことを思い出したことだろう。

◆特急白根号データファイル

shirane2【登場時:1971年4月20日】臨時特急として
・ ●運転区間:上野~万座・鹿沢口  運転本数:1往復  使用車両:157系
【1975年12月】183系に運用変更。

【1982年11月15日改正】急行草津号を一部吸収して定期列車化。4往復になりエル特急指定。185系化。
【1985年3月14日改正】急行草津と特急白根を統一して新特急草津とし、白根号は愛称消滅。

保存

タイトルとURLをコピーしました