ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急みちのく号◆データファイル

ま行

⇒ 特急みちのく号のヘッドマーク事典はこちら

特急みちのく号の簡単な解説

特急みちのく号583系◆ 上野~青森を常磐線経由で結ぶ特急列車として1972年から1982年までの10年間運転されていた特急みちのく号。同じく上野~青森間には特急はつかり号が走っていたがこちらは東北本線宇都宮経由で何往復も設定された大所帯、特急みちのく号は1往復だった。

michinoku2

一方、夜行列車では東北本線経由の寝台特急はくつる号よりも常磐線経由の寝台特急ゆうづる号の方が運転本数が多く、「昼は東北本線・夜は常磐線」という印象があった。東北新幹線盛岡開業の際に、はつかり号は大幅短縮された新幹線接続特急として残ったが、この特急みちのく号は御役御免となった。ちなみに、東北新幹線の愛称公募では、この「みちのく」が得票数第1位だったそうだ。 ※写真提供:歩王のれっつらご~ 様ほか

特急みちのく号のヘッドマークは寝台特急ゆうづる号のような落ち着きのある赤ではなく、朱色系の赤が印象的だ。描かれているのがこけしだという所が特急のイメージとミスマッチで面白い。

◆特急みちのく号データファイル

「みちのく」という愛称自体は古くから何度も使用されてきたが、
1982年の廃止時と同じ形態のものをここで取り上げたい。
********************************
【登場時:1972年3月15日】急行十和田1号からの格上げ。
・ ●運転区間:上野~常磐線経由~青森  運転本数:1往復  使用車両:583系
【1978年10月2日改正】普通車自由席を設置。
【1982年11月15日改正】廃止。常磐線区間は特急ひたち号として残った。

タイトルとURLをコピーしました