寝台特急カシオペア号◆トレインマーク&データ!

・スポンサーリンク・
寝台特急カシオペア号ヘッドマーク
寝台特急カシオペア号ヘッドマーク

DD51カシオペア

寝台特急カシオペア号の簡単な解説

仙台駅・寝台特急カシオペア◆ 上野~札幌を結ぶ豪華寝台特急として、E26系というJR東日本の特急形としては最新の客車を用いて運転されてきた寝台特急カシオペア号。

客車のカラーはシルバー系の配色で5本のレインボーラインが特徴の、ブルートレインの仲間ではない新世代の夜行列車。2015年に廃止された寝台特急北斗星号と全く同じ区間だったが列車そのもののコンセプトを異にしていた。2016年3月のダイヤ改正に先立って、上野発の下りが3月19日、札幌発の上りが同20日を最終日となった。

cassiopeia5
cassiopeia3

客車としては珍しい特徴の一つが「密着連結器」。電車に使用されることが多い隙間のない連結器だが、始動時などの衝撃が少ないので乗り心地の向上に大きく貢献している。 2010年に、牽引機関車がカシオペア専用色のEF81から、新型機関車EF510-500にバトンタッチした。その初期にはブルーのEF510だったが、銀色のカシオペア専用塗装の新型機関車509号機・510号機が造られてからは基本的にその機関車が先頭に立つ。もっとも、津軽海峡線は従来通りED79、北海道内は北斗星カラーのDD51重連による牽引であることには変わりなかった。

◆北海道新幹線に伴う廃止とツアー列車としての復活

カシオペアクルーズ北海道新幹線の開業に伴い、急行はまなす特急スーパー白鳥、特急白鳥の在来線優等列車たちすべてと共に姿を消した。豪華クルーズトレイン「トランスイート四季島」についての計画がだんだんと明確化してきている中で、カシオペアのE26系の位置づけの変化がどのようなものになるのかが注目されていた。

寝台特急カシオペア号ロゴマーク

寝台特急カシオペア号ロゴマークとレインボーライン

カシオペアの車両そのものはまだ比較的新しいのでJR東日本管内を中心にしばらく活躍することが模索されていたが、JR貨物の交流25000V対応機関車「EH800」とディーゼル機関車「DF200」を借りて牽引できることになり、北海道への運転も含めた「カシオペアクルーズ」・「カシオペア紀行」が実現した。残念ながら2017年2月26日をもって北海道乗り入れは終了し、現在では本州内の運転で完結するタイプの「信州カシオペア紀行」や青森・盛岡発着の列車などが見られている。

【参照】寝台特急カシオペア復活報道!団体列車で北海道へ!

◆寝台特急カシオペア号のトレインマーク

寝台特急カシオペア号ヘッドマーク

寝台特急カシオペア号ヘッドマーク

ヘッドマークに描かれているデザインは大きな星と流れ星だろうか。列車名にある「カシオペア」は星座の名前で、北極星を挟んで北斗七星と対になるものなのだが、ヘッドマークにカシオペア座の配置のようなデザインが採用されなかったのは興味深い。

ボディーにあるロゴマークの方はヘッドマークとは配色が異なるが、背景となる客車のカラーによく映えると同時に高級感を演出できている配色と言えそうだ。5色の帯が華やかさを添えるように客車全体を貫いているが、そのラインが新型機関車にも採用され、ブルートレインとは違う新時代の客車の旅のイメージをしっかり確立した感がある。

【次のページは・・・】◆寝台特急カシオペアとトワイライトエクスプレスの比較

タイトルとURLをコピーしました