ホームライナー鴻巣・ホームライナー古河◆ヘッドマーク

・スポンサーリンク・
か行
急行能登号の間合い使用により鴻巣・古河へ走っていたホームライナー。

ホームライナー鴻巣・ホームライナー古河の簡単な解説

◆ 上野⇒鴻巣、上野⇒古河をそれぞれ運転していた帰宅用列車、ホームライナー鴻巣とホームライナー古河。ルーツとなるのは1984年6月から運転されたホームライナー大宮であり、1988年7月に大宮からさらに区間延長してこれらの列車が誕生した。

特急車両を使用して着席保証の列車として運転したものだが、特急列車終着後の回送を客扱いしたのが始まり。特急あさま、特急ひたち、特急白山などの回送がその時代ごとに該当したようだ。

最盛期の「ホームライナー鴻巣」は土休日以外,下り4本が運転された。7号まであったが上り列車の設定がなかったので偶数は存在しなかった。一方の「ホームライナー古河」は同2本の運転だった。使用車両は185系・189系・489系など。

急行能登とのコラボ

これらの列車の存在を全国区に知らしめたのはやはり急行能登号編成(JR西日本金沢所の489系・2010年3月改正まで)の「間合い運用」だろう。とにかく忙しく働く編成だったことに驚かされる。

【1】「ホームライナー鴻巣3号」として高崎線・鴻巣駅まで運転

【2】回送として上野に戻る

【3】「ホームライナー古河3号」として東北本線・古河駅まで運転

【4】回送として上野に戻る(この上野駅でホームライナーの重ねプレートのヘッドマークを取り外す)

【5】急行「能登」として金沢駅まで。

ホームライナー鴻巣・ホームライナー古河のヘッドマーク

 
185系はその設備通り、幕式のマークとなっていたが、489系の急行能登編成の間合い仕様においては急行能登号ヘッドマークの表にカバーするように別途プレートが重ねられていて、回送として上野駅に到着した時に取り外されるようになっていた。

タイトルとURLをコピーしました