た行

特急鳥海・寝台特急鳥海号◆トレインマーク!

特急鳥海・寝台特急鳥海号の簡単な解説

寝台特急鳥海ef81 上野~青森を結ぶ特急列車として1982年の上越新幹線・大宮開業時に急行から昼行特急列車に格上げされた特急鳥海号。この際のダイヤ改正では愛称の大変動が起きていた。

実質的には特急いなほ号の区間短縮化に伴って、上野直通の列車を1往復存続させるためにこの「特急鳥海」という愛称が採用されたという方が正しいようだ。(上り列車は旧・いなほ4号の筋を継承)その後1985年に臨時特急に格下げして秋田発着に短縮され、その後一旦運転終了。

しかし後の1990年、今度は寝台特急として再登場し1997年までブルートレインで運転されていた。その間に寝台特急出羽号を統合する形で存続したものの、寝台特急あけぼの号に愛称変更することになり、消滅するという波乱万丈の列車名だった。余談だが、2013年4月27日発でリバイバル運転(ブルートレイン)が行なわれた。

[ad#ad-1]

◆485系特急鳥海号のトレインマーク


【HM登場】1982年11月
【HM引退】1987年8月
【HM使用期間】4年9か月

★ボンネット型HM

ボンネット型HMの特急鳥海

いずれも昼行特急として485系で走っていた当時のイラスト・トレインマークだ。上越新幹線開通時の1982年11月に特急として設定されたため、当時の多くのトレインマークよりちょっと凝った印象があった。特急あずさに見られるような、いかにも図案化したものと違って山が山らしいイラストだと感じた。

◆寝台特急鳥海号のトレインマーク

chokai-t
寝台特急鳥海号トレインマーク

臨時特急鳥海として昼行で運転された最後から約3年後、ブルートレインとなったときのヘッドマークとテールマークが上の2枚。昼行特急時代のデザインをほぼ踏襲している。

機関車に装着される円形HMの方は、アルファベット表記が無いという点で特異な存在だ。ヘッドマークを掲げていたブルートレインではこの寝台特急鳥海と寝台特急あさかぜの九州内の中華鍋型のみがそれに該当する。

 

◆特急鳥海号の画像

特急鳥海号・上野駅で1983年・1往復だけ存続した首都圏から新潟県経由青森行きというロングラン特急は、特急白鳥号(大阪~青森)には遠く及ばなかったものの昼行電車特急としてはかなりのレベルの、長距離(586.8km)の列車だった。新幹線の発展により今後はもう見られないジャンルの列車と言って間違いない。

◆特急鳥海号のデータファイル

【登場時:1982年11月15日】特急いなほ号の区間短縮に伴い、旧区間に一往復残った列車を愛称変更。特急鳥海の誕生。
●運転区間:上野~青森(羽越本線経由)  運転本数:1往復  使用車両:485系
【1985年3月14日改正】臨時列車化。上野~秋田に短縮。
【1987年8月】最終運転⇒廃止。(これ以降の運転が確認できていない)

******************************
寝台特急鳥海・カニ24形100番代【1990年9月1日改正】寝台特急鳥海の登場。
●運転区間:上野~青森(羽越本線経由)  運転本数:1往復  使用車両:24系25形 牽引機:EF64-1000・EF81(新津で交換)
【1993年12月1日改正】EF64-1000からEF81に牽引機変更。
【1997年3月22日改正】寝台特急あけぼの号に統合⇒消滅。

保存

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行十和田号◆トレインマーク
  2. 特急たんば号◆トレインマーク!
  3. TOWNとれいん~TOWNトレイン◆ヘッドマーク
  4. 急行天北号◆トレインマーク&データファイル!
  5. 特急大雪号ヘッドマーク 特急大雪号◆トレインマーク&データ!
  6. 【ジョイフルトレイン】とれいゆつばさ号!
  7. 特急ホームタウンとちぎ号・おはようとちぎ号◆トレインマーク!
  8. 特急東海号のトレインマーク 特急東海・急行東海号◆トレインマーク&データファイル!

カテゴリー

  1. 東北エモーション
  2. 季節特急新雪号トレインマーク
  3. さよなら急行佐渡

ピックアップ記事

  1. トランスイート四季島・アップ
  2. N700系
PAGE TOP