ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急大雪号◆データファイル

特急大雪・キハ183系(上川駅にて
特急大雪・キハ183系(上川駅にて

⇒ 特急大雪号のヘッドマーク事典はこちら

特急大雪号の簡単な解説

◆ 2017年3月4日ダイヤ改正において旭川~網走を結ぶ特急として新たに2往復設定される。

これまで札幌~網走を結んできた特急オホーツクの車両の老朽化により運用・調達が困難になったため、4往復中の2往復について運転区間を短縮し、まだ電化されていない区間だけを担う列車として、特急大雪号が系統分離で設定された。

特急大雪・キハ183系(旭川駅にて

特急大雪・キハ183系(旭川駅にて

札幌~旭川の電化区間については、新たに設定された特急ライラック号が旧・スーパー白鳥号の789系を使用して担うことになり、これら2つの列車は運賃の面でも乗り換えの面でもスムーズに行くように配慮して設定される。

この大雪という名称については、1992年まで札幌~網走を結ぶ夜行急行列車として走っていたため、愛称の復活として多くのファンが注目している。

これまでも急行大雪と特急オホーツクは切っても切れない関係にあり、急行からの特急格上げや吸収により愛称そのものが消滅するということが行われてきたので、オホーツクから大雪が派生したことは非常に興味深い。

特急大雪・キハ183系(上川駅にて

特急大雪・キハ183系(上川駅にて

※画像提供:KOGANETURBO様

特急大雪号のデータファイル

【2017年3月4日改正】特急オホーツクの系統分離により登場。

●運転区間:旭川~網走  運転本数:2往復  使用車両:キハ183系半室グリーン車を含む4両編成

【2018年7月1日】特急北斗から転用された車両に変更。自由席を札幌寄りに、逆にグリーン車をやや網走寄りにして全室Gとする変更となり、特急ライラックとの乗り換えにおける動線をスムーズにした。

【2021年3月】臨時列車化

特急大雪・予想写真 ⇒ 実現せず。

タイトルとURLをコピーしました