ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

急行出島号◆データファイル

急行出島号のヘッドマーク た行
急行出島号のヘッドマーク

⇒ 急行出島号のヘッドマーク事典はこちら

急行出島号の簡単な解説

◆ 小倉・博多~長崎を結ぶ急行として、山陽新幹線全線開業の1975年3月ダイヤ改正にあわせて登場したのが急行としての3代目出島号である。この時、長崎本線の急行列車の名称統一が図られて採用されたのが「出島」であり、この愛称はその前に広島県の「呉」と長崎・佐世保を結ぶ急行として12年弱活躍し、途切れることなく愛称が引き継がれた。

長崎本線の電化開業が遅れていたためキハ58系気動車を使用して運転され、その大半は佐世保発着の急行弓張号と併結運転していた。ちなみに、1975年に愛称統一が図られるまでは急行いなさ号がメインで、他に急行西九州・急行ちくご(その後も継続)などがあった。

1982年11月ダイヤ改正ですべて特急かもめ号に格上げとなり、同じく特急みどり号に格上げされた弓張号とともに廃止された。

急行出島号のデータファイル

【初代登場時:1960年5月1日】運転区間:博多~大村線経由~長崎
【1963年5月31日】初代急行出島終了。愛称変更で急行九十九島号となる。

【2代目登場時:1963年6月1日】運転区間:広島~長崎 (山陽本線内は急行べっぷと併結)
・   使用車両:キハ58系(5両・べっぷ6両)
【1964年3月20日】呉~長崎に延長し、単独運転となる。
【1966年3月25日】3両が佐世保発着、7両が長崎発着となる。

【3代目登場時:1975年3月10日】運転区間: 小倉・博多~長崎 (10往復)
・   使用車両:キハ58系(両)

【1976年6月】長崎本線全線電化。
【1982年11月15日改正】すべて特急格上げで特急かもめに。廃止。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました