急行出島号◆ヘッドマーク

・スポンサーリンク・
急行出島号のヘッドマーク た行
急行出島号のヘッドマーク

急行出島号の簡単な解説

◆ 小倉・博多~長崎を結ぶ急行として、山陽新幹線全線開業の1975年3月ダイヤ改正にあわせて登場したのが急行としての2代目出島号である。この時、長崎本線の急行列車の名称統一が図られて採用されたのが「出島」であり、この愛称はその前に広島県の「呉」と長崎・佐世保を結ぶ急行として12年弱活躍し、途切れることなく愛称が引き継がれた。

長崎本線の電化開業が遅れていたためキハ58系気動車を使用して運転され、その大半は佐世保発着の急行弓張号と併結運転していた。ちなみに、1975年に愛称統一が図られるまでは急行いなさ号がメインで、他に急行西九州・急行ちくご(その後も継続)などがあった。

1982年11月ダイヤ改正ですべて特急かもめ号に格上げとなり、同じく特急みどり号に格上げされた弓張号とともに廃止された。

急行出島号のヘッドマーク

急行出島号のヘッドマーク

急行出島号のヘッドマーク

急行出島号のヘッドマークとしてネット上で見られるのはリバイバル運転の時のものばかり。過去の雑誌資料などで調べてはいるものの、現役当時に使用された実績や時期などは確認できていない。

したがって、ここでご紹介しているのはリバイバル運転時のものをトレースした画像だ。

タイトルとURLをコピーしました