特急ホームタウンとちぎ号・おはようとちぎ号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
特急おはようとちぎ号HM
特急おはようとちぎ号ヘッドマーク

tochigi-oha

特急ホームタウンとちぎ号・おはようとちぎ号の簡単な解説

◆特急ホームタウンとちぎ号・特急おはようとちぎ号。 新宿~黒磯を結ぶ、新都心から東北本線を主に走り栃木県北部へと結ぶ特急列車として1995年のダイヤ改正で新特急として誕生した。それまで同区間を走っていた新特急なすの号の愛称が新幹線の近距離版に採用されるようになった代替処置としての登場だった。上りと下りで愛称が異なるという点で珍しい例。tochigi-ht

関東近郊の近距離特急の多くと同様、185系を使用しているが、意外なことに大宮所属の車両ではなく、田町所属の車両(特急踊り子号と共通)が使用されていたようだ。新特急という種別は2002年11月に廃された。列車そのものは2011年3月まで運転されて廃止となった。

***画像提供:kogane-turbo様

◆特急ホームタウンとちぎ号・おはようとちぎ号のトレインマーク

特急おはようとちぎ号HM

特急おはようとちぎ号ヘッドマーク

おはようとちぎのトレインマークはホームタウンとちぎ号で描かれている街並みとほぼ同じ街並みで太陽がさんさんと降り注いでいるようなデザインとなっている。

背景が水色で文字が白という淡色同士の組み合わせではあるが、文字にしっかりドロップシャドウをきかせてあるのでけっして読みにくくはない。

ホームタウンとちぎHM

ホームタウンとちぎヘッドマーク

 

ホームタウンとちぎのマークは「おはようとちぎ」の太陽の部分に月という定番の設定になっている。

ホームタウンということで同タイプの列車で比較すると、「ホームタウン高崎」よりずっと閑静な街並みを描いているデザインのHMで面白い。那須塩原駅の西側や西那須野あたりの雰囲気を感じる。

◆ホームタウンとちぎ・おはようとちぎお役立ちサイトご紹介

●【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●185系 シートマップ(ページの下方)

●【裏辺研究所】・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●ホームタウンとちぎ おはようとちぎ

タイトルとURLをコピーしました