SL大樹号(東武鉄道)◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
SL大樹号ヘッドマーク
SL大樹号ヘッドマーク

SL大樹・機回し中

SL大樹号の簡単な解説

鬼怒川温泉駅の転車台に載るSL大樹◆ 東武鉄道・鬼怒川線の下今市駅と鬼怒川温泉駅を結んで2017年8月10日から運行されているSL大樹号。JR北海道が保有するC11-207を借り受けて、JR東海・JR西日本・JR四国から車両(ディーゼル機関車・車掌車・客車)を譲り受けて運行している。2020年8月からはIt’s SLOW time』と題して新プロモーションがスタートした。

各地のSL運転形態を見ていると、転車台のないところでは「行きはSL、帰りはDL(またはEL)」という形や「後ろ向き運転」なども見られるが、SL大樹では下今市・鬼怒川温泉の両駅に転車台を併設して正面運転にこだわっている。

鬼怒川温泉駅では転車台とその作業を目の前で見ながらSLが方向転換するのを堪能することができる(上の転車台画像)。また、下今市駅においては転車台広場に加えて転車台を見下ろす位置に「SL展示館」があり、そこから実物の方向転換を見ることと共に貴重な資料を見ることもできる。

なお、転車台はJR西日本の長門市駅・三次駅からそれぞれ運ばれて移設されたものである。

もう一つのSL大樹誕生へ

同じ栃木県内の真岡鐵道からⅭ11-325を譲り受けた。その上でSL運転本数・路線拡大の計画が進められ、東武日光駅を発着するSLを月1回程度の臨時列車として走らせることになった。その名称はSL大樹「ふたら」。10月3日から下今市~東武日光で営業運転を開始することになっている。

Ⅽ11-325を使用するのは12月から、そして1日3往復の現在のパターンから4往復運転に増発する。

SL大樹号のヘッドマーク

SL大樹号ヘッドマーク

SL大樹号ヘッドマーク

SL列車に命名された「大樹」は、「将軍」の別称・尊称であり、徳川家康ゆかりの地である日光にふさわしいとされた。

同時に、東武グループのシンボルともなっている「東京スカイツリー」を想起させる「大樹」と名付けて、力強く大きく育ってほしいとの思いが込められている。

ヘッドマークのデザインは、C11形らしく3つの「動輪」が背景に描かれて、ダイナミックな「大樹」の文字を重ねている。徳川将軍の家紋である「三つ葉葵」をイメージさせるデザインであり、日光観光と合わせて楽しむ列車らしさを感じる部分ではないだろうか。

ヘッドマークの3つの動輪に込められた意味

【1】SLプロジェクトの目的。
①鉄道産業文化遺産の保存と活用
②日光・鬼怒川エリアの活性化
③東北復興支援の一助

【2】3つのエリアの連動
①日光  ②鬼怒川温泉 ③今市

【3】「東京スカイツリー」の足元が三本柱である

タイトルとURLをコピーしました