ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

【観光列車】36ぷらす3◆データファイル

36ぷらす3ロゴマーク
36ぷらす3ロゴマーク

36ぷらす3の簡単な解説

◆ JR九州の7県をぐるりと巡る「36ぷらす3」。D&S(デザイン&ストーリー)列車第12弾として初の電車(787系)で設定され、2020年10月16日に運転開始となる。当初の計画では15日だったが、九州豪雨の被災地を含むエリアを見合わせたため残りのコースでのスタートとなる。

何かと謎が多いネーミングには様々な思いが込められている。まず「九州は世界で36番目に大きい島」とのこと。そして、九州を楽しむ35のエピソードを詰め込んだこの列車、全ルート楽しんで、お客さまご自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたいという思いが込められているという。

そして「3」は、乗客・地域住民・JR九州、そして驚き、感動、幸せを加えることで、サンキュー!(39)につながる。

コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅ―っと詰まった“走る九州”といえる列車」。全車グリーン車の設定となっている。列車は昼食付きの旅行商品としての販売をベースとしながらも、みどりの窓口などでグリーン特急券を販売することで気軽に利用したい人のニーズにも応える。

基本的に、昼間は列車の旅を満喫し、夜は大いに地元で楽しんでもらいたいという考え方で設定されているため、日中の時間帯のみの運行である。

36ぷらす3のデータファイル

【登場時:2020年10月16日】運転区間:九州一周
・   使用車両:787系(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました