【観光列車】etSETOra(エトセトラ)◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
etsetora(エトセトラ)のトレインマーク い~お
etsetora(エトセトラ)のトレインマーク

et cetera(エトセトラ)の簡単な解説

◆ 宮島口・広島~(呉線経由)~尾道を結んで運転する観光列車として2020年10月3日にデビュー。瀬戸内マリンビューを改造したキロ47形気動車2両編成で定員40名、全車グリーン車の設定だ。金・土・日・月と祝日を中心にした運転計画となる。

列車名の「エトセトラ」は、ラテン語で「その他いろいろ, などなど.など」を意味する「et cetera(エトセトラ)」の意味に加え、広島弁で 「たくさんの」「多くの」を意味する 「えっと」も込められている。

運転区間と時刻設定

● 広島 9:32発⇒尾道12:32着(呉線経由)

● 【平日】尾道14:24発⇒宮島口16:40着 (呉線経由)

● 【土休日】尾道13:45発⇒宮島口16:07着(山陽本線経由)

詳しくはJR西日本おでかけネットで。

et cetera(エトセトラ)のトレインマーク

etsetora(エトセトラ)のトレインマーク

etsetora(エトセトラ)のトレインマーク

 

トレインマークは「SETO」の文字を中心につながりあっている。これは、人・街・食・伝統・風習などの様々な思いが、ひとつのレールでつながる様、さらに違う地域を訪れることで、さらに大きなつながりを持つという思いをあらわしたものだ。

「O」の文字の真ん中が車窓になっていて瀬戸内海の島々が見えている様子だが、これは瀬戸内マリンビュー時代から引き継がれた丸窓を暗示しているように感じられる。

(※ JRの公式見解ではない)

タイトルとURLをコピーしました