ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

お座敷列車「旅路」号◆データファイル

お座敷列車・旅路号テールマーク
お座敷列車・旅路号テールマーク

お座敷列車・旅路号の簡単な解説

お座敷列車・旅路号はいかにも12系と言う姿で登場し、テールマークにしっかりと「お座敷列車 旅路」と書かれたマークを掲げていた。1981年に、すでに老朽化していた81系お座敷客車を置き換えるために登場した、全車グリーン車仕様の6両編成だった。12系800番代を名乗った。各車両には愛称がつけられ、広島局管内のいくつかの市の花・木にちなみ、1号車はまゆう(下関)・2号車きんもくせい(山口)・3号車さくら(岩国)・4号車さるびあ(徳山)・5号車きょうちくとう(広島)・6号車さつき(三原)が採用された。

やがて1988年ごろブルーに白い線の12系元来のカラーリングから、赤をベースに金帯を配された姿に変更された。この時点では塗装の変更のみで大きなフェイスリフトが行われたわけでは無い。

しかしさらに6年後の1994年9月に「リニューアル工事」が施され、両端の車両にソファー付きの展望車が設けられるなど、見た目には12系であることがわからないほどその姿はそれまでとは異なる印象となった。

また内装の面でも天井が平面化されたり冷蔵庫、モニターテレビ、オートチェンジャー付きカラオケの搭載など、いろんなチャレンジが行われた。床面も絨毯敷きとなり電話コーナーや女性専用化粧室が設置されたことなども含め大々的なリニューアルとなったようだ。

このとき同時に旅路と漢字で書かれていたものがアルファベット表記の「TABIJI」となった点も大きな変更点の1つといえる。

2007年、ついにこの車両そのものが老朽化のために引退した。

お座敷列車旅路号のデータファイル

【登場時:】運転区間:  (往復)
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました