ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急(急行)リゾート立山・急行シュプール立山号◆データファイル

さ行
急行リゾート立山号・標準顔

特急リゾート立山号の簡単な解説

◆ 1990年代のリゾート列車として、特急雷鳥号に連結される形で始まった昼行の特急リゾート立山号。併結相手の特急雷鳥号の停車駅すべてで客扱いをするわけではなく、一部の駅はドアを開けずに停車した。なお、同じく富山地方鉄道との直通列車として特急リゾート宇奈月号も1991年7~8月に運転されていた。

独特な表情の485系分割時用先頭車

1993年からは電車化され、特急ではなく急行リゾート立山号として夜行で運転を始めた。名前こそ同じだがあまり関連性のない列車である。全車指定席の3両編成で米原経由で運転された。面白いのは、富山~立山間だけ特急として運転されたこと。富山地鉄の料金体系に合わせたものと思われる。

そして、冬の時期になると同じく急行のシュプール立山号として運転された。

※画像提供:KOGANETURBO様

特急リゾート立山号のデータファイル

・・・・・・・・・・・・・・

【特急リゾート立山登場時:1992年7月17日】運転区間:大阪~立山
・   使用車両:キハ65系エーデル中間車(2両)※特急雷鳥に連結
【1991年8月31日】エーデル車最終日。

・・・・・・・・・・・・・・

【1993年10月8日】夜行の急行リゾート立山号が485系3両を使用して運転開始。
【1994年1月7日】急行シュプール立山号運転。485系3両編成。

【1995年4月28日~96年11月25日】リゾート立山号を681系で運転。
【1997年1月10日~3月14日】シュプール立山号に681系を使用(3両)
【1997年4月25日~11月2日】リゾート立山号を485系で運転。これにて終了。
【1998年1月9日~3月13日】シュプール立山号を485系で運転。これにて終了。

タイトルとURLをコピーしました