ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

グラシア◆データファイル

グラシアのトレインマーク か行
グラシアのロゴマーク

ジョイフルトレイングラシアの簡単な解説

◆ 1989年に全車グリーン車仕様のジョイフルトレインとして改造され、常に3両固定編成で使用された。

客室は3列のリクライニングシートが並び、中間車両「キロ29-506」にはラウンジも設けられている(運転室を撤去したスペース)。先頭車両前面は、当然ながら運転席が左半分を占めているが、残りの右半分は自由に出入りできるようになっていて非常にユニーク。

2000年には、グリーン車から普通車扱いに格下げとなり、キロからキハに形式記号だけ変更して番号は継承する形をとった。石巻線・気仙沼線の臨時列車を中心に使用されることが多く快速黄金海道グラシアなどで活躍した。ほかにも常磐線・陸羽東線などでも運転された。

その後、2003年に愛称を「こがね」に改め、塗装の変更を施した。

グラシアのデータファイル

【登場時:】運転区間:  (往復)
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました