ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急はやとの風◆データファイル

⇒ 特急はやとの風号のヘッドマーク事典はこちら

特急はやとの風号の簡単な解説

◆ 吉松~鹿児島中央を結ぶ特急列車として運転されている現役の観光列車、特急はやとの風号。

2004年3月13日(九州新幹線鹿児島ルート部分開業)に新幹線つばめ号に接続する霧島方面への観光列車として運行開始。肥薩線の人吉以北には他の特急が設定されていたが、南部の路線を走る唯一の特急として活躍を続けてきた。2016年3月ダイヤ改正以降の特急くまがわ号の廃止と九州横断特急の区間短縮により、一時は肥薩線唯一の特急となっていたが、翌年3月4日ダイヤ改正で観光特急かわせみやませみ号が登場し、同時にいさぶろう・しんぺいの1往復が特急化されることになったため状況は一変した。いさぶろう・しんぺいとの接続は極めて良好でkiha47はやとの風、観光列車を連続して楽しむことを望む人も多いことだろう。

2018年3月改正で定期廃止!臨時列車化

2018年3月、JR九州が全体的なダイヤのスリム化を図ったこの改正で、特急はやとの風が多客期のみ運転の臨時列車となった。登場から14年ということになるが、専用車両が指宿のたまて箱に変更されるなど、徐々に勢いを失っていることが表面化していたものの、特にテコ入れをするわけでもなくここまで来ていた。今後は臨時列車としての活躍がどこまで続くのかが注目される。JR九州と言えばD&S列車で盤石な体制を築いている印象があるが、実際には新鮮味を保つのには多大の努力をかけている。それは車両のリメイクだけでなく別路線への転用も含んでおり、肥薩線・南部区間の今後の活用法再考へと発展するのかもしれない。

※写真提供:Yuu200DC様(無断使用厳禁)

◆はやとの風号のお役立ちサイトご紹介

●【赤いひかり/座席特急の部屋】・・・列車供食事情というページで、鉄道と食をテーマに記事を公開されています。 ●はやとの風・車内販売

●【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●キハ147系はやとの風

◆特急はやとの風号のデータファイル

【登場時:2004年3月13日】(当初は臨時列車として登場)
・ ●運転区間:吉松~鹿児島中央  運転本数:2往復  使用車両:キハ147 1045・キハ140 2066
【2006年1月21日】キハ47 8062が専用車両として追加、キハ140 2066を予備車とした。
【 同年3月18日改正】定期列車に格上げ。
【 同年12月13日】人吉はやとの風号運行開始。
【2007年10月29日事故】肥薩線での踏切事故。「人吉はやとの風」の運行を中止。
【2012年3月19日】キハ140 2066を指宿のたまて箱用に再改造されたため2両体制に戻った。
【2018年3月17日改正】臨時列車化。 運転本数:2往復  使用車両:キハ147 1045・キハ47 8062

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

保存

タイトルとURLをコピーしました