た行

特急つばさ号(在来線)◆トレインマーク&データファイル!

特急つばさ号の簡単な解説

tsubasa2◆ 上野・福島~秋田を結ぶ特急列車として1992年の山形新幹線開業まで運転されていた特急つばさ号。キハ82系使用の気動車特急としてスタート。盛岡発着編成を併結していた時代があり、それが後の特急やまびこ号となった。

また山形~青森で設定された時期や、仙台発着(仙山線経由)の時代があったことなどから、東北6県すべての県庁所在地を発着駅として経験した珍しい列車でもある。気動車時代はキハ81形(特急はつかりからの転用)、キハ181系なども使用した。そんな気動車時代を語る上で欠かせないのが板谷峠補機の変遷である。旧型電機に含まれるEF16に始まり、EF64までは直流電気機関車が牽引したが、1968年に交流に切り替える工事が完了し、EF71にバトンタッチした。

その後1975年10月、念願の奥羽本線全線電化と共に485系化、さらに耐寒設備強化タイプの485系1000番代化され、在来線特急時代をそのまま終えた。山形新幹線・山形開業時、山形以北が空白地帯となることを避けるため、特急こまくさが新たに登場してリレー特急の役割を担った。

現在では東京~新庄を結ぶ山形新幹線つばさ号として(東京~福島は東北新幹線)愛称が引き継がれ、初代車両「400系」のさらに次の世代、E3系新幹線が活躍している。

スポンサーリンク

◆特急つばさ号のトレインマーク

【HM登場】1978年10月 第一期採用

【HM引退】1992年7月 愛称が新幹線へ

【HM使用期間】13年9か月

元々の運転本数は決して多くなかった特急つばさ号ではあるが、同じ奥羽本線系統で上野と山形を結んでいた特急やまばと号と共通運用として、L特急の指定を受けていた。また、運用上は磐越西線への特急あいづ号とも共通だった。奥羽本線電化前の時代にはキハ80系を使用した時代もあり、つばさ号という愛称の歴史の古さをうかがい知ることができる。

1970年代~80年代初頭には、12系⇒14系座席車を使用した臨時特急つばさ号も運転されていて、なかなかバラエティーに富んだ歴史を刻んできた列車ということができるだろう。

◆特急つばさ号の画像集

tsubasa1画像提供:YOMPAQ様 (無断使用厳禁)
・右はありし日の上野駅の姿を彷彿とさせる写真だ。東北・上越新幹線開業に伴って485系のこうした姿が上野駅からどんどん消えてなくなっていった中、特急つばさ号が1992年までこうして残るとは思ってもいなかった。長距離列車がどんどん消えて、新幹線+特急の乗り継ぎが普通のパターンとなってきた近年だが、上野から乗り換えなしで秋田県(奥羽本線沿い)の各都市まで行けることを望んでいた人も多かったのかもしれないと思わせる存在だった。

◆特急つばさ号のデータファイル

【登場時:1961年10月1日】
・ ●運転区間:上野~秋田  運転本数:1往復  使用車両:キハ82系6両
【1963年4月改正】1両増結⇒7両編成化。
【 同年12月改正】盛岡発着の列車(食堂車付き6両)の併結開始。
【1964年10月1日改正】盛岡発着編成に1両増結。7+7=14両編成。この頃から板谷峠での使用補機の置き換え開始(EF16⇒EF64)。
【1965年10月改正】盛岡発着の編成を分離。特急やまびこ号となる。つばさ号は上野~秋田2往復に。
【1968年9月22日(直流から交流に変更)】板谷峠での使用補機の変更(EF64⇒EF71)。
【 同年10月1日改正】一部が東京発着に。キハ81形先頭車を1往復で使用(特急はつかり号電車化で余剰)。

旅鉄Books 特急マーク図鑑  ただいま好評発売中

【1970年2月】キハ181系10両編成投入。奥羽本線・板谷峠での自力登坂が可能に。
【1971年7月改正】各編成に2両ずつ追加⇒12両編成に。
【1972年3月15日改正】12系客車で臨時特急つばさ51・52号を運転開始。その後14系客車が投入されるまで特急料金の割引(急行形車両であるため)措置をとっていた。
【 同年10月】福島~米沢で補機連結EF71形)を再開。キハ181系で夏の時期を中心にエンジントラブルが多発したため。
【1973年4月改正】東京乗り入れを中止。キハ181系の故障対策のため各編成1両減車⇒11両編成に。(予備車を確保)
【 同年10月改正】キハ181系の故障対策で東北本線区間での所要時間を延長。
【1975年11月24日改正(奥羽本線全線電化)】485系200番代12両編成を投入し電車化。
【1976年】耐寒仕様の485系1000番代に置き換え。特急つばさ号
【1978年10月2日改正】特急つばさ号と特急やまばと号をコンビとし、各3往復=合計6往復でエル特急に指定。初の自由席設置。
1982年11月15日改正(上越新幹線開業)】福島で東北新幹線と接続するダイヤをメインとし、3往復。上野発着で1往復半、山形⇒秋田で下り1本となり、合計5往復に。編成は食堂車を廃止し、さらに2両減車⇒9両編成に。(急行こまくさ号を吸収)。
【1985年3月14日改正(新幹線上野開業)】特急やまばと号廃止、特急つばさ号は福島発着で増発。
・上野~秋田(1)、福島~秋田(3)、福島~横手(1)、福島~新庄(1)、福島~山形(1)、山形~青森(1)⇒計9往復に。
・編成:上野発着(1)と福島~秋田(1)に485系9両編成(G車あり)、その他485系6両編成(G車なし)に。
【1986年11月改正】
・上野~秋田(1)、福島~秋田(1)・~横手(2)・~新庄(3)・~山形(3。うち季節1)、山形~秋田(1)⇒計11往復に。
・編成:上野発着:485系9両、福島発着:485系6両編成、山形~秋田:485系3両に。
【1988年3月13日改正】季節1往復を定期化。区間延長など。
・上野~秋田(1)、福島~秋田(2)・~大曲(1)・~新庄(4)・~山形(2)、山形~秋田(1)⇒計11往復のまま。
【1989年3月改正】福島~山形に1往復増発⇒12往復に。全列車に半室グリーン車採用。
・上野~秋田(1)、福島~秋田(2)・~大曲(1)・~新庄(4)・~山形(3)、山形~秋田(1)⇒計12往復。
【1990年9月1日改正(山形新幹線工事開始)】福島~新庄(2)、~山形(2)が廃止。
・上野~秋田(1)、福島~秋田(2)・~大曲(1)・~新庄(2)・~山形(1)、山形~秋田(1)⇒計8往復。
【1991年8月27日改正(第二期建設建設工事)】上野・仙台発着で仙山線経由に変更。福島~新庄(2)・~山形(1)を廃止。
・上野~秋田(1)、仙台~秋田(2)・~大曲(1)、山形~秋田(1)⇒計5往復。

【1992年7月1日改正】在来線から新幹線へ愛称移行。

************************************

【2015年9月12・13日】新庄~秋田間でつばさリレー号運転。485系国鉄特急色の雄姿を再現した。ちなみに、L特急マークはないタイプのつばさ号ヘッドマークが使用された。

*追記* 2016年6月19日に仙センの485系国鉄色ラストランイベントで「特急つばさ号イラストヘッドマーク」を掲げて福島⇒山形、「つばさ号・文字マーク」で山形⇒仙台での運転を実施(いずれも仙山線経由)。その運転を最後に485系原型車両の営業運転は終了した。いずれも旅行商品としての販売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 上越新幹線たにがわ号◆トレインマーク&データ!
  2. 山形新幹線つばさ号◆トレインマーク!
  3. 特急ダイナスター号の愛称幕 特急ダイナスター◆トレインマーク&データファイル!
  4. 特急剣山号HM 特急剣山号◆トレインマーク&データ!
  5. 東北エモーション 東北エモーション◆トレインマーク!
  6. 特急つがる号◆トレインマーク&データファイル!
  7. お座敷列車「旅路」号◆トレインマーク&データ!
  8. 特急ミッドナイトEXP高松号・モーニングEXP高松号◆トレインマ…

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. ばんえつ物語HM

ピックアップ記事

  1. 特急文殊トレインマーク
  2. 特急うなづき号HM
PAGE TOP