た行

急行ちどり号◆トレインマーク!

急行ちどり号の簡単な解説

◆鳥取・米子・松江~広島を結ぶ陰陽連絡列車で木次線・芸備線を経由していた。愛称自体は1953年に誕生した臨時快速列車に採用されたところから始まっている。1955年には「夜行ちどり号」という、正式名に「夜行」の文字が入る、きわめて珍しい列車だった。C56牽引の客車列車としてスタートしたが、1959年に準急化と同時に気動車化、1966年には急行化し、2002年まで活躍していた。

スポンサーリンク

◆急行ちどり号のトレインマーク

急行ちどり号のトレインマークこの「ちどり」という愛称は松江城の別名「千鳥城」から採られたもの。一時は4往復設定されるなど、大きな役割を担っていた時期もあった。

しかし、伯備線が陰陽連絡のメインルートとしての地位を確立するにつれて特急やくも号に利用客を奪われるようになり、急行ちどり号の重要度は薄れていった。最終的には区間短縮の上、急行みよし号に吸収される形で廃止された。

◆急行ちどり号のデータファイル

【登場前:1953年】臨時快速列車として誕生。(広島~米子)2&3等合造車(オロハ)を含む3輌編成。
【1955年】夜行ちどり号が登場。
【1959年4月改正】昼行・夜行共にキハ55系気動車化(一部キハ58系)・準急への格上げ。
【1964年10月改正】ちどり号の増発版として、いなば号登場。
【1966年改正】急行化。
【1968年10月改正】急行いなば号が急行ちどり号に統合された。

以下、調査中。

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 北陸新幹線つるぎ号◆トレインマーク!
  2. 快速東海ライナー(117系)◆トレインマーク!
  3. 特急立山号HM 【富山地方鉄道】特急立山号◆ヘッドマーク
  4. 急行十和田号◆トレインマーク
  5. 特急ときわ号・東京駅にて 特急ときわ号・急行ときわ号◆トレインマーク!
  6. お座敷列車「旅路」号◆トレインマーク&データ!
  7. 特急タンゴエクスプローラー◆トレインマーク&データ!
  8. 中央特快◆ヘッドマーク&データ!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

PAGE TOP