【ジョイフルトレイン】サルーンエクスプレス(JR九州)◆ロゴマーク!

・スポンサーリンク・

サルーンエクスプレスの簡単な解説

サルーンエクスプレス◆ サルーンエクスプレスはJR九州のジョイフルトレインで、JR発足から間もない1988年3月にデビューした。キハ58形・キハ65形の各1両を改造し、それぞれ7000番代を名乗った2両編成の気動車によるジョイフルトレインである。

おもに阿蘇方面の観光を目的とした車両である。しかし、この頃の豊肥本線・熊本界隈で話題となっていたのは何よりも特急有明号へのハイパーサルーン783系投入(ハイパー有明)と水前寺乗り入れで、すっかり話題はさらわれていたように思える。しかも、デビューの半年後にはSLあそBOY号が登場し、派手な外観の割に地味な存在となってしまったサルーンエクスプレスは、残念ながらわずか6年ほどの活躍の後1994年3月24日に廃車となっている。

蛇足ではあるが、名前が似ているサロンエクスプレス東京(のちのお座敷客車ゆとり)とは何のつながりもない。

※ 画像提供:シゲリン国鉄OBの趣味のブログ。様

サルーンエクスプレスのトレインマーク

saloonexpress ロゴマークヘッドマークは幕式のものがあって、「サルーン エクスプレス Saloon express」と、3段に配置された文字列だけのものがあったが、印象的だったのは車体のサイドに大きくデザインされたロゴの方ではないだろうか。

正直言って、正面の配色・塗り分けはごちゃごちゃ感が強くてくどい印象だったが、このロゴマーク周りに限ると非常に清々しいカラーリングに見える。

保存

タイトルとURLをコピーしました