急行妙高号◆トレインマーク&データファイル!

・スポンサーリンク・
急行妙高のヘッドマークHM ま行

⇒ 快速(普通)妙高号のページはこちら

急行妙高号の簡単な解説

◆ 上野~直江津を信越本線経由で結んでいた準急妙高号を1962年12月改正時に格上げして登場した急行妙高号。準急時代は客車列車で昼行・夜行各1往復が設定されてのんびりと走っていたが、昼行列車の気動車化(キハ57系)によるスピードアップが実現することに伴って急行となったものだ。なお、夜行は引き続き旧型客車を使用し、A寝台1両、B寝台2両を含んだ編成であった。

その後、信越本線の電化が進んだことにより165系が(さらに2年後に169系も)投入され、同路線の急行愛称の整理が進むにしたがって急行妙高が大所帯になっていった。ピークは1969年10月~1972年10月の3年間。6往復を数えるまでに成長した(定期5・不定期1)。その後、特急白山に、さらに特急あさまに格上げされ、夜行の1往復だけが1982年11月以降も、その後10年以上にわたって歴史を刻んでいった。その際14系にグレードアップされたのもつかの間、1985年には169系に、1988年には189系へと次々と運用を変更していった。

余談ではあるが、碓氷峠を通過する電車急行と言えば169系で165系は協調運転ができないので通れないイメージがあるが、8両までなら通れたということや、電化された時点では169系は存在しなかったことなど、碓氷峠と電化の関係を調べてみるのも面白い。

急行妙高号のヘッドマーク

急行妙高のヘッドマークHM
◆165系やその後の169系の頃は台形の鉄板式ヘッドマークが用意されていて、全面貫通扉に収まるように掲げられていた。

14系時代は「急行」の表示のテールマークで、機関車の先頭は取り付けなしだったようだが、後の189系時代になると赤文字で「急行」、濃紺の文字で「妙高」と記した、画像のようなシンプルなマークが表示されるようになった。

このようにイラストマークは最後まで登場しなかったが、その後の長野新幹線開通に伴って新設された快速列車に「妙高号」の愛称が再登場し、その際にはイラストマークが用意されたのは少々皮肉な感じがした。

 

タイトルとURLをコピーしました