【お座敷電車】宴(うたげ)号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
い~お

お座敷電車・宴(うたげ)号の簡単な解説

utage
◆JR東日本・東京地域本社管内に1994年当時「江戸」・「なごやか」という客車タイプのお座敷列車があり、人気絶頂にあった。それで、当時の需要にこたえるためにさらなるお座敷車両が必要とされていて初めての電車タイプとして登場したのがこの「宴」号である。485系を改造し、掘りごたつ式をメインとしたハイデッカータイプの室内となっている(車体断面は215系にかなり近い)。全車グリーン車の6両編成だが、デビュー当初の約1か月は4両編成だった。2001年4月1日には大宮支社が発足。自動的にその管轄の車両となった。

お座敷電車・宴(うたげ)号のトレインマーク

お座敷電車・宴号のトレインマーク・円形を重ねてほんの少し中心をずらした図形に漢字で「宴」と、ローマ字で「UTAGE」の文字を配したシンプルなもの。宴の文字を何と読むのかこれでわかる。とはいえ、「えん」と関わりあるいろいろな言葉がこの列車のコンセプトとなっている。

「縁」、「艶」、「円」などがそれで、たとえば先頭形状が当時としてはかなり独特の丸みの強いスタイリングであることもその一つと言える。そしてこのスタイリングが485系ベースのジョイフルトレインの基本形のようになり、いろいろなバリエーションへと発展したと言って過言ではない。直接的にはそっくりとは言えないニューなのはなきらきらうえつジパングなども例外ではないだろう。

お座敷電車・宴(うたげ)号の資料例

・鉄道ファン 1994年8月号(400号記念号)

タイトルとURLをコピーしました