快速うみかぜ号◆トレインマーク~103系にHM!~

・スポンサーリンク・
い~お

快速うみかぜ号の簡単な解説

103系の仙石線快速うみかぜ号◆ あおば通~石巻を仙石線経由で結ぶ快速列車として2004年10月15日まで愛称を与えられていた快速うみかぜ号。首都圏で活躍していた103系通勤型電車が、JR東日本最北の直流区間である仙石線にステージを移して活躍していたが、その中で快速列車に愛称が付与され、しかもイラスト入りのトレインマークが採用されるという好待遇だった。

車両については、一部の車輌のみ、時間帯によってクロスシートとロングシートが切り替えられる座席があったようだ。

*画像提供:福田町電車区様(無断使用厳禁)

快速うみかぜ号のトレインマーク

快速うみかぜ号のヘッドマーク・仙石線は車窓にたびたび海が現れる素晴らしい眺めの路線。日本三景の一つである松島の海岸を始め、石巻に至るまでにこの列車名がふさわしいと感じられるスポットがいくつもある。

・東日本大震災によって被災した区間の中には山側に大きく移設された部分もあるが、それはうみかぜ号が姿を消して約10年経過して実現したものだ。震災後の寸断されていた期間は石巻~仙台を小牛田経由で結ぶ直通快速が運転されたり、その後仙石東北ラインが開通したりと、様々な変化をたどってきた。

参考:仙石東北ライン車両到着

タイトルとURLをコピーしました