Easti-E【イーストアイ-E】◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
easti-eロゴマーク
easti-eロゴマーク

Easti-E【イーストアイ-E】の簡単な解説

◆ Easti-E【イーストアイ-E】はJR東日本が所有する検測用車両で、正式名称はE491系である。在来線(狭軌)の電化区間で検査を行なうために作られた交直流両用電車。この車両の名称にある「E」は東日本(=East)のEではなく、非電化区間用のEasti-D【イーストアイ-D】がDieselであることに対する区別の「電気」を意味する「E」である。

Easti-E【イーストアイ-E】のトレインマーク

easti-eロゴマーク

easti-Eロゴマーク

◆この車両のボディーサイドには、大きくEasti-Eのロゴマークがついている。新幹線検査車両のEastiや非電化区間用Easti-Dとも同じコンセプトのロゴマーク。

・この車両は「在来線用」と、上では書いたが、もっと正確に言うと「狭軌用」であり、標準軌に改軌された田沢湖線と奥羽本線(いわゆる秋田新幹線・山形新幹線部分)は検測できない。また、仙石線も飛び地のような存在なので担当外となる。

・その一方でJR東日本以外でも、伊豆急行・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・仙台空港鉄道・阿武隈急行・富士急行・北越急行・しなの鉄道・東京臨海高速鉄道でも検測を実施することがある。

【 easti-E 車両画像 】

easti-Eが仙台駅に来た

仙台駅停車中の画像。突然訪れる感が強いこの車両は、ドクターイエローなどと同様、「珍客がやってきた」という感じで注目を集める。

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました