特急ひゅうが◆トレインマーク&データ!

特急ひゅうが号の簡単な解説

◆延岡~宮崎・南宮崎・宮崎空港を結ぶ現役の特急ひゅうが号。日豊本線・日南線・宮崎空港線経由で運行している。登場したのは2000年3月11日で、大分~延岡間の需要が比較的低いことが悩みの種になっていた特急にちりん号の運転本数を削減し、固定需要がある延岡~宮崎の都市間輸送および宮崎空港利用者の足を目的として延岡以南を分離・独立して誕生した。現在は783系と787系を使用して6往復運転している。宮崎・南宮崎の両駅での特急きりしま号との連絡は、ある程度図られている。

 

◆特急ひゅうが号のトレインマーク

AROUND THE KYUSHUロゴマーク特急ひゅうが号トレインマーク
・485系時代には単独のトレインマークがあったが、特急きりしま号と共通運用を組んでいたので「K&H」(KirishimaとHyuga)と書かれた、文字ベースのトレインマークも存在した。
・現在、車両は大分車両センター所属の787系・783系であり、川内エクスプレス特急にちりん特急きりしまと共通運用しているため、当然ながら同じマークがそれらの列車にも見られる。

スポンサーリンク

◆特急ひゅうが号のデータファイル

485系特急ひゅうが【登場時:2000年3月11日】
・ ●運転区間:延岡~宮崎・南宮崎・宮崎空港  運転本数:4往復  使用車両:485系
【2001年3月3日改正】5往復に増発。一部783系電車を使用開始。
【2002年3月23日改正】6往復に増発。
【2003年3月15日改正】2往復を特急にちりんに再編入。⇒4往復。783系が撤退。
【2004年3月13日改正】2往復を特急にちりんに再編入。⇒2往復。783系が再登板。
【2009年3月14日改正】3往復に増発。全車禁煙化。下りの宮崎空港行き設定がなくなる。
【2011年3月12日改正】6往復に増発。(ドリームにちりん号の廃止、及びライナー系列車の統合による)
・ 下り列車の宮崎空港乗り入れが再開。485系での運行を終える。
【2017年3月4日改正】ワンマン運転を開始。
【現状】 ●運転区間:延岡~宮崎・南宮崎・宮崎空港  運転本数:6往復  使用車両:783系・787系

関連記事

  1. 快速びわこライナー号◆トレインマーク!
  2. 急行深浦号・快速深浦号◆トレインマーク(なし)&データ!
  3. 臨時特急ふるさと号トレインマーク 臨時特急ふるさと号◆トレインマーク&データ!
  4. 寝台特急北陸号トレインマーク 寝台特急北陸号◆トレインマーク&データ!
  5. 特急北海号◆トレインマーク&データ!
  6. ひろしまCITY電車◆トレインマーク
  7. 寝台特急北斗星号◆トレインマーク&データ!
  8. 特急ビバあいづ号◆トレインマーク&データ!

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 臨時特急ふるさと号トレインマーク
PAGE TOP