(快速)ふらの・びえい号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
快速ふらのびえいHM ひ~ほ

(快速)ふらの・びえい号の簡単な解説

◆ 旭川~富良野を結ぶ臨時快速列車としてラベンダー観光の最盛期のみ運転する列車。その時期に高い人気であふれかえってしまう富良野・美瑛ノロッコ号の補完的な役割を担って2018年から活躍している。キハ183系3両編成ですべて自由席の設定である。
種別の部分を(快速)としたのは、2018年こそ快速だったものの2019年には普通で運転したからだ。それもそのはず、富良野・美瑛ノロッコ号と比較してもはるかに長い所要時間なのである。

クリスタルエクスプレスの車両が2019年で引退となり、今後のラベンダー観光にどんな臨時列車運用が見られるのかはまだわからない。特急フラノラベンダーエクスプレスがキハ183系などで設定されるのか、場合によってはこの列車が特急格上げになるのか、単純に増発されるのか、今後が見ものだ。

ふらの・びえい号のトレインマーク


普通ふらのびえい号トレインマーク
ラベンダーの最盛期に運転する列車らしく、左下の隅にラベンダーが描かれている。背景にはいくつかの色で起伏の激しい地形が描かれている。実際この辺りは、様々な花畑、ひまわり畑、豆畑、麦畑など、ラベンダーに限らない彩りを見ることができる。
背後に見える山は、おそらく噴煙を上げている十勝岳であろう。

快速」の文字が入っていたときはバランス配分のため「ふらの」と「びえい」の各文字列を左右にずらしてあったが、普通扱いではそろえられている。また、背景の空の部分の広さが大きく異なっている。

 

タイトルとURLをコピーしました