「ひ」で始まる愛称の列車です

・スポンサーリンク・

B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)◆ロゴマーク

B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)の簡単な解説 ◆ BOSO BICYCLE BASE=房総バイシクルベース号はサイクリスト向けの列車で、自転車のラックが設置されているため輪行などせずにそのままの形で移動し、目的地です...

特急ひゅうが◆トレインマーク&データ!

特急ひゅうが号の簡単な解説 ◆延岡~宮崎・南宮崎・宮崎空港を結ぶ現役の特急ひゅうが号。日豊本線・日南線・宮崎空港線経由で運行している。登場したのは2000年3月11日で、大分~延岡間の需要が比較的低いことが悩みの種になっていた特急にちりん...

びわこ周遊さくら号◆トレインマーク

びわこ周遊さくら号の簡単な解説 ◆ びわこ周遊さくら号は国鉄末期の1980年代前半に時折設定されたイベント列車。大阪発着で東海道線・北陸線・湖西線のびわこ周遊ルートで愛称そのままの設定だった。 おもに485系を使用して運転され、先頭...

【観光列車】SL人吉号◆トレインマーク(2009年~)!

SL人吉号の簡単な解説 ◆ 熊本~人吉を鹿児島本線・肥薩線経由で結ぶ観光列車、「SL人吉」号。2016年現在、現役の列車である。現在の列車は2009年に運転再開してからの形態で、冬季を除き週末や休みの時期を中心に多めの運転日数を設...

【近鉄特急】ひのとり~新型名阪特急~◆トレインマーク

近鉄特急ひのとり号の簡単な解説 ◆ 大阪難波~近鉄名古屋を結ぶ近鉄名阪特急の新型車両として2020年3月14日のデビューを予定している「80000系ひのとり」。愛称からもイメージできる通り、深い艶感のあるメタリックレッドが美し...

特急ワイドビューひだ・特急ひだ号◆トレインマーク!

特急ひだ号の簡単な解説 ◆ 名古屋・大阪~高山・飛騨古川・富山を結ぶ特急列車として運転されている特急ワイドビューひだ号。以前は大阪発着の設定はなかったが、急行たかやま号を特急格上げして愛称統一する形でそのままワイドビューひだ号に組み入...

急行比叡◆トレインマーク&データファイル!

急行比叡号の簡単な解説 ◆名古屋~大阪を結んで運転された列車で、1957年11月に準急列車として愛称を採用、1965年には急行としてデビューした。最盛期には8往復もの運転本数に膨れ上がったが、新幹線の増発や近鉄が標準軌化を実施して名阪特急...

特急ひばり号◆トレインマーク&データファイル!

特急ひばり号の簡単な解説 ◆上野~仙台を東北本線経由で結ぶ特急列車として1982年まで運転されていた特急ひばり号。 特急街道・東北本線にあっても最大勢力を誇り、一時は15往復を誇ったが、東北新幹線開業時に14往復から8往...

臨時快速白虎号◆トレインマーク

臨時快速白虎の簡単な解説 ◆ 仙台~会津若松を(郡山・磐越西線経由)結んでいた臨時快速列車。ヘッドマークまで用意されたところに期待が込められた様子が感じられるのだが、2003年1月に運転されたあと、わかっている範囲では、同年7月、11月、...

急行火の山号◆トレインマーク!

急行火の山号の簡単な解説 ◆熊本駅~別府駅を豊肥本線経由で結んでいた急行火の山号。1992年7月15日のダイヤ改正で特急あそ号として再出発するまで、約30年にわたって準急⇒急行として活躍した。九州の都市間急行としての性格とともに、観光需要...
・スポンサーリンク・
タイトルとURLをコピーしました