【近鉄特急】30000系ビスタカー◆トレインマーク

ビスタEXサイドのロゴマーク

近鉄30000系ビスタカーの簡単な解説

近鉄ビスタEX◆ 1978年に登場した近鉄30000系は1編成4両で構成される。そのうち、両端の制御車を除く中の2両が2階建て構造となっている。2階席は窓を拡大し展望性をアップし、1階席は個室サロン風の造りだ。1979年のブルーリボン賞受賞車両である。先代ビスタカー10100系の後継車両として登場した3代目ビスタカー。

名阪・名伊・京伊・阪伊・京奈・阪奈など、標準軌区間の多くの区間で活躍してきた。まさに近鉄を代表する特急車両であり、21000系アーバンライナーの登場まではフラッグシップと言える存在だったが、23000系伊勢志摩ライナーの登場、さらには観光特急しまかぜの登場により徐々に影が薄くなりつつある。

もちろんその間にもかがやきを保つためのテコ入れは行われてきた。1996年から2000年にかけて大幅なリニューアルが実施され、ビスタEXとしての再出発となった。中間2両から制御車の連結部付近(Vマーク)にかけて、車体の下半分を白に塗り分けることで新鮮な印象を与えた。また、2012年から2014年にかけて2回目の車体更新工事を実施、2016年からはさらに車体塗装の変更が始まっている。

※ 画像提供:KOGANETURBO様

スポンサーリンク

近鉄30000系ビスタカーのロゴマーク

ビスタカー・オリジナルのロゴマークビスタカーと言えば、2階建て車両のボディーに大きく描かれた「Vマーク」が帯からつながってダイナミックだった。その帯上にステンレス切り文字で「VISTA CAR」と記されたロゴタイプが華やかさを添えていた。

ビスタEXサイドのロゴマーク

 

 

大きな「Vマーク」が、一回目のリニューアル工事でのデザイン変更で小型化して両先頭車に移ったのだが、その際「VISTA CAR」のロゴタイプについてもデザインを変更し、一列表記でなく二段タイプの、やや大きめのものが取り付けられた。このロゴタイプは車体のデザインを再変更した現在も引き続き見ることが出来る。

ビスタEX先頭ロゴ

 

同時に、先頭車両前面には「VISTA EX」のロゴが取り付けられ、リニューアルをPRしてきたが、デザイン再変更の際にこちらは取り除かれている。

 

近畿日本鉄道HP内の解説ページ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急北海号◆トレインマーク&データ!
  2. 急行・快速べにばな号◆トレインマーク(なし)!
  3. S-TRAINのトレインマーク 【西武鉄道など】S-TRAIN・拝島ライナー◆ロゴマーク!
  4. ホームライナー鴻巣・ホームライナー古河◆ヘッドマーク
  5. 特急北越号◆トレインマーク&データ!
  6. 寝台特急北陸号トレインマーク 寝台特急北陸号◆トレインマーク&データ!
  7. Belles montagnes et mer ベル・モンターニュ・エ・メール【べるもんた】~氷見線・城端線観光…
  8. 2017年版フラノラベンダーエクスプレスHM 臨時特急フラノラベンダーエクスプレス~2017~ヘッドマーク

カテゴリー

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

PAGE TOP