ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

【近鉄特急】ひのとり~新型名阪特急~◆データファイル

近鉄新型名阪特急ひのとり
近鉄新型名阪特急ひのとり

⇒ 近鉄特急ひのとり号ロゴマーク事典はこちら

近鉄特急ひのとり号の簡単な解説

◆ 2020年3月14日に登場した、大阪難波~近鉄名古屋を結ぶ近鉄名阪特急の新型車両。「80000系ひのとり」。その愛称によくマッチした、深い艶感のあるメタリックレッドが美しい車両である。

コンセプトは「くつろぎのアップグレード」ということでバックシェル付きの座席がすべてに採用されていて、車内の居住性を高い次元で追求している。全席というのは日本初である。アーバンライナーが老朽化してきた中で、名阪特急の又は近鉄の新たなシンボル特急となることを期待されている。2021年度のブルーリボン賞が贈られ、名実ともに時代をリードする車両と認められた。

ちなみに、大阪難波~近鉄奈良間でも一部の特急に使用することが予定されている。

⇒ 近鉄公式サイト「新型名阪特急ひのとり」 はこちら

80000系ひのとりのデータファイル

【登場時:2020年3月14日】運転区間:大阪難波~近鉄名古屋
・   使用車両:80000系

【2020年10月1日】「グッドデザイン賞」の2020年度ベスト100に選定。

80000系ひのとり・車両の特徴

【プレミアム車両(両端)】

● 全席バックシェル付きの3列シートに本革を使用。
座席の前後間隔=130cm(比較:アーバンライナーは105cm)
● ハイデッカー構造と前面・側面の大型ガラスによる眺望

【レギュラー車両】

● 全席バックシェル付き
座席の前後間隔=116cm

【その他のサービス】

● ベンチスペース

● カフェスポット
コーヒーサーバー等を設置

● 車内情報表示
大型液晶ディスプレイでリアルタイムの列車運行情報

● 無料Wi-fiによるインターネット接続サービス

● 全車に空気清浄機を設置

● 紫外線、赤外線をカットする大型窓を採用

● 客室、デッキ、大型荷物置き場に防犯カメラを設置

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました