ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

臨時特急ふるさとゴロンと号◆データファイル

583系ふるさとゴロンと号トレインマーク ひ~ほ

⇒ 臨時特急ふるさとゴロンと号のヘッドマーク事典はこちら

臨時特急ふるさとゴロンと号の簡単な解説

◆ 上野と青森県を結ぶ年末年始の臨時特急として2003年末~2010年始まで運転した。当初は青森県側の始終点は弘前。晩年は青森だった。583系電車の寝台をセットした状態で座席として販売していた。したがって毛布、シーツ、枕、浴衣、スリッパなどのサービスが省略された状態だった。そのためか、乗車した人たちのご意見の多くは「暑かった」ということだった。冬季の運転で寝具なしなのだから仕方のないことだろう。

2003年の年末から設定開始されたようだが、予定されていた2004年末~の運転は中越地震の関係で取りやめ、翌年は羽越線事故の影響で取りやめとなった。しかし、2006年末~2007年始の運転計画は実現し、2010年始まで続いた。一部情報によると2010年6月ごろにも運転されたとのことだが正式に確認が取れていない。

臨時特急ふるさとゴロンと号のデータファイル

【登場時:2003年】運転区間:上野~弘前(浪岡) 使用車両:583系6両

東北本線、高崎線、上越線、信越本線、羽越本線、奥羽本線経由

【2004年】中越地震により運転取りやめ。

【2005年】いなほ号羽越線脱線事故の影響で取りやめ。

【2006年末~】上野~青森間で

【2010年】最終運転。廃止。

 

現在、詳細を調査中。

タイトルとURLをコピーしました