◆◇◆サイトの新規記事・更新情報へ◆◇◆

【のってたのしい列車】ひなび(陽旅)号◆データファイル

・スポンサーリンク・
ひなび ーJR東日本プレスリリースより拝借

⇒ ひなび(陽旅)号のロゴマーク事典

ひなび(陽旅)の簡単な解説

◆ 2023年冬から投入予定の新しい観光列車「ひなび(陽旅)」。「北東北の自然」と「地域とのつながり」をコンセプトに、忙しい日常から離れのんびりとできるようなぬくもりのあるゆった
りとした旅」をしてほしいという想いから命名された。リゾートあすなろ号で使用されてきたディーゼルハイブリッド車両を改造するもので、これから長く活躍してくれることを期待したい。

北東北エリアの観光列車と言えば八戸線のリゾートうみねこ号が少し前に引退しており、釜石線のSL銀河の引退も近づいていることから、そうしたエリアをカバーすることも想像できる。

エクステリアは「白地に赤ライン」でデザインされており、盛岡支社管内の気動車に広く用いられた通称「盛岡色呼ばれる配色を採用している。

ひなび ーJR東日本プレスリリースより拝借

ひなび の正面と側面デザイン

画像はJR東日本プレスリリースより拝借

ひなび(陽旅)のデータファイル

車両:HB-E300系(2両編成) リゾートあすなろ号からの改造車両。

登場予定:2023年冬

車内は1号車がボックスシート中心で4人ボックス、2人用・1人用といくつかの形態があり、定員25名となる。2号車は2人掛けリクライニングシートを中心に配置されて定員34名。

ひなび ーJR東日本プレスリリースより拝借

ひなび の全体像(予想図)

画像はJR東日本プレスリリースより拝借

タイトルとURLをコピーしました