ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

急行いよ号◆データファイル

⇒ 急行いよ号のヘッドマーク事典はこちら

急行いよ号の簡単な解説

◆高松~松山を結んで1989年まで運転されていた急行いよ号。1966年3月5日改正で急行列車化されてから23年間活躍したが、その愛称の歴史はさらに長く、1956年11月の準急としての誕生にまでさかのぼれる。1982年から1986年までの4年間が最盛期で下り7本、上り5本運転されていた。その後、特急しおかぜ号への格上げという形で削減が進行し、1990年に廃止された。キハ65急行いよ号

どちらかといえば日陰の存在で、急行うわじま号を補完する役割であったり、特急化で愛称があっけなく消えたりと恵まれない印象があるが、ピーク時の運転本数などを考えると立派に胸を張れる列車だったといえる。

途中、本数の増減があるが運転区間延長や打ち切りなどに伴う急行うわじま号との譲り合いが何度となく行われたのが一つの要因である。急行時代は一貫して気動車での運転で、キハ58系キハ65系などが使用された。

※ このページの画像提供:谷澤良二様

急行いよ号のデータファイル

【登場前:1956年11月19日】準急(不定期)として設定 運転区間:高松桟橋~宇和島 旧型客車で運転
【1957年3月20日】定期列車化。
【1963年2月改正】高松~松山の準急として整理。
【1965年10月改正】4往復に。キハ58急行いよ号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【登場時:1966年3月5日】準急から急行に格上げ。
【1968年10月改正】1往復増⇒5往復に。
【1982年11月15日改正】下7・上5に。(急行うわじまの区間短縮による)
【1986年11月1日改正】大幅削減⇒1往復に。
【1988年4月10日改正】1往復増⇒2往復に。(特急車両不足による)
【1989年7月改正】廃止。

タイトルとURLをコピーしました