特急はちおうじ号◆トレインマーク&データ

・スポンサーリンク・
中央線の特急群に使用するE353系

特急はちおうじ号の簡単な解説

◆ 東京~八王子を結ぶ平日のみ運転の、通勤に特化した特急はちおうじ号。2019年3月16日ダイヤ改正で登場した列車である。

同区間には従来からE257系などを使用して快速中央ライナーが設定されていて当日発売のみのライナー券によって着席確保ができていたが、このたび特急あずさ特急かいじなどに投入された新型車両「E353系」を使用して特急格上げの形となった。

・快速中央ライナー(E257系)

この格上げによって最も大きな変化になるのは1カ月前から予約できるという点。さらには「えきねっとチケットレスサービス事前受付サービス」が導入されることで最大2カ月先まで複数日をまとめて申し込めるようになるのもヘビーユーザーにとって大きな利点だろう。

運転形態は下り5本(東京発18:00・20:15・21:15・22:15・23:00)に対し、上り2本(八王子発6:16・6:48)ということで、上下でかなり不均衡に見える設定である。(2020/3反映)

特急はちおうじ号のトレインマーク

E353系新型特急あずさのマークE353系ヘッドサイン

E353系はトレインマークを掲示する設備を持たない車両であり、特急あずさ・かいじとの共通運用であるためはちおうじ号固有のステッカーなども存在しないと思われる。したがって、マークと呼べるものは「E353」の文字をデザイン化した形式ロゴマークのみである。

車両前面にあるものは背景が黒で文字の大半が白系、車両側面にあるものはその反転の配色となっている。「E」の文字の上半分のみが車両のアクセントカラーである「紫(あずさバイオレット)」を採用している。

特急はちおうじ号のデータファイル

【登場時:2019年3月16日改正】
・運転区間:東京~八王子  使用車両:E353系(9両)  運転本数:下6・上2
【2020年3月14日改正】行き先変更により下1を特急おうめに変更。⇒下5・上2に。

タイトルとURLをコピーしました