な行

臨時特急ヌプリ号◆トレインマーク&データ!

臨時特急ヌプリ号の簡単な解説

特急ヌプリと羊蹄山◆臨時特急ヌプリ号。札幌~ニセコ~函館を結ぶ臨時特急列車として2012年8月6日~8月31日に初めての設定を行なった。そもそもの始まりは、北海道新幹線札幌延伸時の実証実験という意味合いで運行開始した臨時特急とのこと。2012年の設定では海線経由の特急スーパー北斗の最速列車と比較すると2時間半以上長くかかって運転された。もちろん、すべてが「山線であるがゆえ」ではなく、臨時列車としての設定ゆえでもあった。そのことは、途中駅でスーパー北斗に抜かれるダイヤ設定だったことからもわかる。

スラントノーズのキハ183系を使用して設定され、ヌプリシートと呼ばれるこの列車専用のシートもあった。その後、「冬のヌプリ号」という、いわば派生列車が設定されたことからも好評ぶりがうかがえる。冬のヌプリ号はニセコエクスプレス車両を使用したもので、車両が異なる。スラントノーズ車では2013年夏に再び設定されている。

スポンサーリンク

◆臨時特急ヌプリ号のトレインマーク

臨時特急ヌプリ号のトレインマーク・そもそもこの路線は本来の函館本線であり、メインルートであったはずの路線だが、距離が長くない割には時間がかかりすぎるということで、すっかり東室蘭経由の路線に役割を奪われ、寂れたローカル線となっていたもの。特急北海号が廃止された後は定期列車の特急はなく現在に至っている。羊蹄山を筆頭に、絶景の続くこの区間を楽しむには最高の列車であり、これからも夏と冬には毎年運転される存在になってほしい。

** 画像提供:♪An’s Railway memo☆タケちゃん様

◆臨時特急ヌプリ号の画像集

臨時特急ヌプリ号の横顔臨時特急ヌプリ号の俯瞰

・札幌から出発すると、小樽に至るまでの区間で目の前に海を見ながら進んでいくところがあり、さわやかな景色を楽しむことができる。小樽から先ではウイスキーのブランドで有名な余市などを通り、ニセコリゾート、羊蹄山など、いかにも難所が続いていそうな(それは言い換えれば大自然を満喫できそうな)区間が続く。臨時特急ヌプリ号の方向幕そんなところを国鉄型気動車キハ183系が走っている姿を再び見られるようになるとは鉄道ファンなら大喜びではないだろうか。余談だが、方向幕はやはり上貼りステッカーの様だ。貼り換え不要なように行先は双方向式の記載となっている。

2013年にはヌプリの運行区間を縮小し、函館~小樽とし、それとは別で特急ワッカ号を設定した。当初は前年と同じ車両での予定だったが、特急北斗が火災事故の影響により減便したため、特急ヌプリにはニセコエクスプレ ス車両を使用するよう変更された。

2014年は、運行区間を函館~札幌に戻したが、函館行き(上り)を特急ヌプリ、札幌行き下りが特急ワッカという設定で運転された。車両は両列車ともにニセコエクスプレス車両となっている。
臨時特急ヌプリ号の正面

◆臨時特急ヌプリ号のデータファイル

【登場時:2012年8月6日】臨時列車として初設定。
・ ●運転区間:札幌~ニセコ~函館(1往復)  使用車両:キハ183系
【2012年12月】冬のヌプリ号としてニセコエクスプレス車両で運転。
【2013年8月】ヌプリ号を函館~小樽で運転。

【2014年8月~9月】札幌⇒函館で運転。

【2015年2月5~11日】ニセコエクスプレス車両で運転。冬の運転は2年ぶり。

【2015年8月18~31日】札幌⇒函館で運転。

【2016年夏季】ほぼ同じ筋で臨時特急ニセコ号運転。

 

 

保存

関連記事

  1. 寝台特急なは号◆トレインマーク&データ!
  2. ついにラストラン!ニューなのはな号◆トレインマーク
  3. 特急能登かがり火◆トレインマーク&データファイル!
  4. 特急南紀号・ワイドビュー南紀号◆トレインマーク!
  5. 快速ムーンライトながら号◆トレインマーク&データ!
  6. 特別快速なのはなDX号◆トレインマーク!
  7. 急行日南号◆トレインマーク!
  8. 急行なにわ号◆トレインマーク&データファイル!

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急すいごう号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 特急わかしお号ヘッドマーク
PAGE TOP