ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

急行ニセコ号◆データファイル

急行ニセコ号テールマーク な行
急行ニセコ号テールマーク

急行ニセコ号・倶知安

急行ニセコ号の簡単な解説

急行ニセコ号14系◆函館~札幌を函館本線(山線経由)で1986年まで定期列車として、さらに1993年夏まで臨時列車として結んでいた急行ニセコ号。キハ56系で運転されていた上りニセコ3号(根室⇒函館)は気動車を使用する急行としては最長運行距離の記録であり、当時もその後も変わらない。

数ある北海道の客車急行の中でいち早く14系化されて力を入れている列車かと思われた時期もあったが、JR化を待たずしてあっさり臨時列車化(気動車化)された。特急北海と同様、山線の閑散化と共に需要が低下して言った列車の一つだ。とはいえ、急行そのものの衰退期に入っていたことも事実で、海線経由の急行すずらん特急北斗に格上げされて臨時列車化⇒廃止の道を急行ニセコに先立って歩んでいった。

*** 画像提供:タケちゃん様・急行つとむ2号様

101d-nisekoniseko-rinsabo

◆急行ニセコ号のデータファイル

【登場前:1961年12月23日】倶知安~札幌にスキー臨時準急ニセコ(キハ22形)が登場。
【1962年2月1日改正】正式に準急として設定。
【1963年12月】準急いぶり号と札幌~倶知安間で併結運転開始。
**********************
**********************
niseko14summerniseko-wdd51

【登場時:1966年3月5日】
・ 準急制度変更⇒急行に格上げ。
●運転区間:岩内・上目名~札幌  運転本数:1往復  使用車両:キハ22
【 同年10月1日改正】急行いぶりとの併結解消により再び準急に格下げ。1往復増⇒2往復に。

niseko102niseko-youtei【1968年10月1日改正】急行ライラック号、急行ていね号などを急行ニセコ号として統一。
・ 倶知安~札幌の1往復は急行らいでん号に吸収。
niseko-wide【1971年7月改正】臨時夜行列車1往復の運行終了。
【 同年9月15日】C62形牽引を終了し、国鉄のSL牽引定期急行列車がDD51形牽引に変更。niseko14
【1973年10月1日改正】臨時列車ニセコ2号(上下とも)廃止⇒2往復に。niseko14end
104dd51niseko【1978年10月2日改正】系統分割により、札幌~根室を急行狩勝とし、函館~札幌に統一。
【1980年10月1日改正】気動車1往復を廃止。客車1往復に。
【1981年2月7日】使用車両を14系客車に変更。
【1986年11月1日改正】夏季のみの臨時急行化。14系客車からキハ56系気動車に変更。
【1993年夏まで】臨時運転実績あり。
************************
【2004年2月イベント】キハ183系にて臨時特急ニセコ号運転。往時のヘッドマークを使用。niseko1

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました