ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

急行能登号◆データファイル

な行
急行能登ボンネット型

⇒ 急行能登号のヘッドマーク事典はこちら

急行能登号の簡単な解説

◆ 上野~金沢を結ぶ夜行急行列車として2010年3月まで寝台特急北陸号とともに定期運転されていた急行能登号だが、臨時列車に格下げ、約1年後には自然廃止の道をたどった。過去には特急白山号と同じルートで運転されていたが、1997年の長野新幹線開通に伴って信越本線の碓氷峠が分断されたため長岡回りのルートに変更された。

登場したころは旧型客車ではあったがA寝台1両・B寝台5両・グリーン車1両・指定席2両・自由席3両というバラエティーに富んだ編成で、幅広い客層から支持されたようだ。特に上野~長岡間でEF58を先頭にした長大旧型客車編成が見られ、まさに昭和の夜行急行列車を絵にかいたような存在だった。その後、14系の寝台・座席を使用した編成で運転し、一時期は七尾線輪島駅まで臨時延長運転されたこともあった。急行能登号4

定期列車としての最終形は489系ボンネット型先頭車の編成で、東海道の特急こだま号を彷彿させるその姿の“最後の定期列車”だったことから高い人気を誇った。臨時化された後は485系の一般的な非貫通型先頭車の編成になったがわずかな活躍で終焉を迎えた。使用されていたボンネット型先頭車両クハ489-501は現在石川県小松市の土居原ボンネット広場にて保存・公開されている。

◆急行能登号のデータファイル

【登場時:1975年3月10日】
・ 運転区間:上野~金沢(長岡経由)  運転本数:1往復  使用車両:旧型客車(10系・スハ43系など)
【1982年11月15日改正】14系(寝台・座席混成)に変更、経路を信越本線経由に変更。
【1989年~1990年】臨時延長運転で七尾線・輪島まで入線。急行能登号6
【1993年3月18日改正】489系電車化。同時に寝台車両が含まれなくなった。
【1994年12月3日改正】運転区間を福井まで延長。
【1997年10月1日改正】運転経路を再び長岡回りに変更。(長野新幹線開通・碓氷峠廃線)
【2001年3月3日改正】運転区間を金沢までに短縮。急行能登号1
【2010年3月13日改正】臨時列車化。ボンネット型の使用は終了。

【2012年2月24日】臨時列車としての最後の運転日。
・ (2014年1月現在、運転実績なし)事実上の廃止。

 

このページの画像提供:YOMPAQ様・Teru-t2様(無断使用お断り)

◆急行能登号の画像集

急行能登号2
上の画像は臨時列車化されてからの急行能登号。

定期運転の列車として最後のボンネット型車両の列車だったので、かなり人気が高かった。しかも、EF63との協調運転ができるように作られた489系の連結器周りの特殊な姿も相まっての人気だったようだ。定期運転の終了と同時にこの車両の廃止が決まり、いずれ解体処分を待つしかないと思われていたが、石川県小松市「土居原ボンネット広場」でクハ489-501が静態保存された。もっとも、中間車両などはすでに廃車解体済みの模様。
急行能登号3
・この方向幕は客車で運転されていた時代のもの。

◆急行能登号のお役立ちサイトご紹介

★【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●クハ489-3

★【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●489系急行能登

タイトルとURLをコピーしました