た行

トワイライトエクスプレス瑞風号◆トレインマーク!

トワイライトエクスプレス瑞風・全景

トワイライトエクスプレス瑞風号の簡単な解説

◆JR西日本が2017年6月から運行開始した豪華寝台列車。JR東日本のTRAIN SUITE四季島、JR九州のななつ星in九州と並ぶ国内のクルーズトレインの最高峰として並び立つ。

2015年春まで運行のトワイライトエクスプレスのコンセプトを引き継ぎつつも、関西~北海道の運転ではなく自社エリア内をおもな運行経路とする設定となっている。JR東日本のトランスイート四季島は上野発で周遊して上野に戻る設定しかないが、このトワイライトエクスプレス瑞風では山陰・山陽のコースそれぞれに片道コースが設定されていてリーズナブルな選択の幅がある。そして周遊できるコースも設定されている。

流れる風と山々を満喫する列車

トワイライトエクスプレス瑞風の展望デッキ瑞風とはみずみずしい風のこと。「瑞穂の国」と呼ばれる美しい日本に、新しいトワイライトエクスプレスという風が幸せを運んでくる情景をイメージ したという。トワイライトエクスプレスの象徴であるエンジェルのマークが吹き抜けていく風を、そしてJR西日本エリアにある山並みの美しい自然を頭文字 「M」で表現している。

そして、その「風」をダイレクトに感じることができる室外展望デッキがトワイライトエクスプレス瑞風の最大の特徴と言えるだろう。最前部として進行の先端になるときには閉鎖されるようだが、最後部になる側では風を感じながらのゴージャスな旅を楽しむことができ、他の列車にはない、特別な味わいがある。

スポンサーリンク

列車・車両の概要

トレインマーク・トワイライトエクスプレス瑞風【運行開始日】
・・・2017年6月17日(山陰下りコース)
【運行エリア】
・・・京阪神と山陰・山陽エリア

【車両】

★ 編成の概要
10両編成:  展望– 客3- 客3- 客1 食堂車ラウンジ– 客3- 客3- 客3- 展望
・    【客室車両(定員30名程度)】1両に3室タイプ(5両)・1両に1室タイプ1両
・    【パブリックスペース】食堂車(1両)・ラウンジカー(1両)
・               展望スペース付き先頭車*2両(編成両端)
★ 展望スペース
・編成両端部が同様の形状になっており、列車の前後左右の車窓を楽しめる展望スペースで、風やその土地の香りを感じるオープンエアのデッキがトワイライトエクスプレス瑞風の一番の注目ポイント。ただし、安全上の問題もあり、進行方向の最前部は使用できない。列車後方側において楽しむようになる。
★ ハイブリッド動力方式
ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモーター駆動で走る。

旅鉄Books 特急マーク図鑑  ただいま好評発売中

トワイライト瑞風のツアーは5種類!

トワイライトエクスプレス瑞風の展望ラウンジ

山陽コース(下り)1泊2日

山陽コース(上り)1泊2日

山陰コース(下り)1泊2日

山陰コース(上り)1泊2日

山陽・山陰コース(周遊)2泊3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 観光快速○○のはなし号HM 快速○○のはなし号◆ロゴマーク
  2. 急行津軽号◆データファイル!
  3. 北陸新幹線つるぎ号◆トレインマーク!
  4. 中央特快◆ヘッドマーク&データ!
  5. 特急ミッドナイトEXP高松号・モーニングEXP高松号◆トレインマ…
  6. 快速ムーンライトえちご号◆トレインマーク&データ!
  7. 辰野支線「ミニエコー」◆ヘッドマーク&データファイル!
  8. 特急ミッドナイトEXP松山号・モーニングEXP松山号◆トレインマ…

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 新特急谷川ヘッドマーク
  2. トランスイート四季島
PAGE TOP