ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

上越新幹線たにがわ号◆データファイル

E4系MAXオリジナルカラーロゴマーク
E4系MAXオリジナルカラーロゴマーク

⇒ 新幹線たにがわ号ロゴマーク事典はこちら

上越新幹線たにがわ号の簡単な解説

◆ 上野~越後湯沢を結ぶ新幹線列車として運転されている新幹線たにがわ号。冬場にはスキー客を乗せてガーラ湯沢まで延長運転されることで知られる。

E7系ロゴマークデザイン

E7系ロゴマークデザイン

1997年から、上越新幹線は「停車型・速達タイプ」という愛称分けでなく、行先別の区分に変更され、それまでの停車型であった「とき」が廃止されて「あさひ」・「たにがわ」体制で再出発した。使用車両はE4系MAXを使用した「MAXたにがわ」が今も現役で、E2系とE7系が使われているが、E4系からE7系への置き換え投入がいずれ進むだろう。

1985年から特急谷川号が在来線で走っていたが、ひらがな表記に変更の上、新幹線の愛称として採用されて現在に至っている。ちなみに、新たに特急水上号が設定されて、特急谷川号が在来線時代に走っていた区間を少々短縮して走っていたが臨時列車化された。

2015年3月14日ダイヤ改正の北陸新幹線金沢開業によって、首都圏~北陸のメインルートが奪われる形となり、乗換駅である越後湯沢発着のたにがわ号が7往復削減されることになった。とはいえ、北越急行が従来の特急はくたか号に代わって超快速スノーラビット号を運転することを発表。首都圏~直江津駅の所要時間では対抗できることが判明。場合によっては復権もありうるかもしれない。ちなみに、同ダイヤ改正を持って車内販売サービスが終了した。

◆新幹線たにがわ号のデータファイル

【登場時:1997年10月1日】
・ ●運転区間:東京~高崎・越後湯沢  運転本数:  使用車両:
【2004年3月】E2系が上越新幹線撤退。
【2007年3月18日改正】全車両禁煙化。
【2012年9月28日改正】 E1系が運用離脱。E4系Maxの売店の営業終了。
【2013年1月26日改正】E2系を投入。
【 同年3月16日改正】200系が運用離脱。

【2015年3月14日改正】北陸新幹線金沢開業に伴って運転本数を大幅削減。

◆新幹線たにがわ号の画像集

tanigawa2 tanigawa3

tanigawa4 tanigawa5

◆お役立ちサイトご紹介

・ 【鉄道模型製作用参考写真集】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 ●上越新幹線 E4

・ 【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●E1系Maxリニューアル編成 ●E2系-1000 ●E4系Max

タイトルとURLをコピーしました