【東武鉄道】特急たまよど号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・

特急たまよど号の簡単な解説

◆ 東武東上線、池袋~寄居間を結んでいた列車で休日に1往復運転されていた特急たまよど号。1952年に行楽急行として登場。1971年に特急化された。

一時期は「あらかわ」号として運転され、1979年11月8日改正で再び「たまよど」号が運転されるようになった。6両編成の8000系で運転されていたが、1983年8月22日改正で特急が8両編成となるため、時を同じくして「たまよど」号は廃止された。

タイトルとURLをコピーしました