ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

カーペットトレイン「NO.DO.KA 」◆データファイル

な行

⇒ カーペットトレインNO.DO.KAのヘッドマーク事典はこちら

のってたのしい列車・NO.DO.KA号の簡単な解説

485系NO.DO.KA.横顔◆2001年10月15日の団臨からJR東日本・新潟支社で活躍したのってたのしい列車のひとつ、CARPET TRAIN NO.DO.KA。

新潟支社(旧・新潟鉄道管理局を含む)では1980年代にキハ58系気動車改造のカーペット車を波動用に使用してきたが、485系電車としては初のジョイフルトレインを投入したのが全車グリーン車のシルフィード。そして、そのシルフィードを普通車に格下げしてカーペット張りに変更したのが2001年10月再登場のこのNO.DO.KAである。3両編成で、NO.DO.KAになってからは700番代を名乗っている。

車内は基本的に、広間にカーペットが敷かれた状態で4人用テーブルが置かれており、4つの座椅子が窓側2つと通路側2つという向きに配置されて1区画の構成となっている。

NO.DO.KAの先頭部展望室

車両両端はソファーが置かれた展望サロンになっている。前面展望を含むパノラマ車窓を楽しめるというのは非常に魅力的であり、貴重な車両の一つだった

NO.DO.KAのデータファイル

【登場時:2001年10月15日】運転区間: JR東日本・新潟支社エリア中心
・   車両形式:485系(3両)
【2018年1月7日】ラストラン。「惜別 NO.DO.KA」という団臨で。
____________
【シルフィード時代の編成】

《1号車》 クロ484-1(展望車・定員24)
《2号車》モロ484-1(定員30)
《3号車》クモロ485-1(展望車・定員27)
※ 種車はすべてサロ189で1号車から順に、サロ189-4、3、2である。

【NO.DO.KA編成の番号】
《1号車》 クハ484-701(展望車・定員24)
《2号車》モハ484-701(定員36)
《3号車》クモハ485-701(展望車・定員32)
(※ 号車番号はすべてシルフィード時代に対応)

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

NO.DO.KAの出発シーンの動画

タイトルとURLをコピーしました