や行

寝台特急ゆうづる号◆トレインマーク&データ!

yuzuru3

寝台特急ゆうづる号の簡単な解説

寝台特急ゆうづる・上野駅8番線◆上野~青森を、常磐線経由で結ぶ寝台特急列車として1993年まで定期で、その後も1994年まで臨時列車として運転されていた寝台特急ゆうづる号。

最終形の姿はブルートレインとしてだったが、過去にはそれだけでなく583系を使用した電車寝台特急としても運転されて、合計7往復という大勢力を誇っていた。仙台以南も東北本線を走っていた寝台特急はくつる号とともに夜の東北路を走る2大スターとして長く君臨して一時代を築いていた。これら2つの列車が「鶴」を名前に含む理由は、いずれも北海道連絡列車としての使命に主眼を置いており、北海道の象徴のひとつである丹頂鶴のイメージを含めたものだという。

ちなみに、デビューははくつる号の方が1年先。その好評さを受けて追加されたのがこのゆうづる号である。オールドファンにとっては、C62が牽引した最後の列車として常磐線での「SL+20系ブルートレイン」が見られたことが印象深いという人も少なくない。

(画像提供:Teru-t2様)

スポンサーリンク

◆寝台特急ゆうづる号のトレインマーク

ブルートレインゆうづる号のテールマーク

yuzuru-n
・赤いトレインマークはしっかりと目に飛び込んでくる。普段あまり気にしていない人でも鮮やかな赤いトレインマークの列車がホームに入ってくると、トレインマークに自然と目がいくそうだ。 上野駅においてはよく似た存在である「寝台特急はくつる号」があり、同じ青森行き、同じ583系、同じ鶴をネーミングに採用した列車との乗り間違い防止をする点で、マークの色合いの違いは大きな効果があったのではないかと思われる。

・ありがちな勘違いの一つが、583系のトレインマークとブルートレインのテールマークはほぼ同じデザインというもの。実際に並べて比べてみるとその違いの大きさに驚かされる。583系のほうは幅に対する縦の長さが短いため、優雅に飛ぶ姿を描くには狭すぎたということだろうか。
・ブルートレインのヘッドマークに限って探してみると、赤いマークは種類が少ない。この特急ゆうづる号のものと、東京から山陰方面に向かう寝台特急出雲号のもの、あとは赤が50%ほどを占める寝台特急あかつき号くらいだ。 その分、特別な魅力を感じ、機関車に取り付けられている際のコンビネーションにも興味をそそられる。しかも出雲号とは使用した機関車がいずれも異なっていたため、より一層「それぞれの魅力」が際立っていたように思う。

◆寝台特急ゆうづる号の画像集

寝台特急ゆうづる号ブルートレイン
・長旅を終えて青森駅に到着したブルートレインゆうづる号。電車寝台のスピード感にはかなわないが、夜汽車の旅の情緒はしっかり感じられた列車だ。つまり、ゆうづる号についてはその両方が存在していたため、「今回はブルートレインで、次回は583系電車で・・・」というように旅のタイプを選ぶことができた。そんな楽しみもあったゆうづる号だが、今はどちらも存在しない。
・交直流混在路線である東北本線にあって、その性能をいかんなく発揮していた583系電車。上野駅でその姿を見ることができた列車は多く、夜行列車のゆうづる号・はくつる号、そして昼行列車の特急はつかり号・特急みちのく号・特急ひばり号などである。

yuzuru2
・一昔前の国鉄時代、上野駅の朝は、到着した寝台特急とこれから出発しようとしているL特急の並びが次々と見られた(写真は特急あさま号)。特急マークが誇らしげな当時のスターと呼べる車両たちであり、わずかながら今もその面影を見ることができる。

 

◆寝台特急ゆうづる号のデータファイル

【登場時:1965年10月1日】
(同ルートの急行北斗の格上げ・愛称変更により。)
・ ●運転区間:上野~常磐線経由~青森  運転本数:1往復  使用車両:20系客車・EF80・C62・ED75・DD51重連
【1968年6月20日改正】A寝台1両削減、2両連結していた座席車をB寝台車に変更⇒全車寝台化。
【 同年10月1日改正(東北本線全線電化)】583系を投入。しかし、急行十和田号をゆうづるに格上げする形で20系運用の寝台特急ゆうづる号存続。⇒合計2往復。牽引機はEF80・ED75-1000番代(水戸で交代)
【1969年10月1日改正】20系客車で1往復増発⇒3往復に。
【1970年8月】20系の1往復が運休扱いとなる。
【1971年10月改正】急行十和田号1往復格上げ⇒ゆうづる号が583系で1往復増発⇒3往復に。
【 同年12月から】年末年始限定で臨時寝台特急ゆうづる52号が14系客車を使用。
【1972年3月15日改正】583系電車で1往復増発⇒4往復。
【 同年10月】20系客車で1往復増発⇒5往復に。
【1973年12月~74年春ごろ】食堂車を順次営業停止。
【1975年3月10日改正】20系客車で2往復増発。まとめ:電車3往復・客車4往復=計7往復。
【1976年10月改正】20系客車4往復に24系24形客車を置き換え投入。
【1978年10月2日改正】14系客車を一部投入。
【1980年10月1日改正】583系の1往復と14系客車の1往復を季節列車に格下げ。定期の客車は2往復が24系25形客車、1往復が24系24形客車(A寝台車連結取りやめ)となった。

【1982年6月23日改正】季節列車2往復を廃止。定期は5往復のまま運行。24系24形客車にA寝台車が復活。
【1985年3月14日改正(東北新幹線上野開業)】2往復削減⇒3往復に。583系1往復。24系客車2往復。
【1986年11月1日改正】583系を基本9両とし、多客期に3両増結で12両編成となる変更。24系の1往復を季節列車に格下げ。
【1987年3月23日改正】 24系に「ツインデラックス(A寝台2人個室)」の連結を開始。=オロネ25形500番台
【1988年3月13日改正(青函トンネル開業:寝台特急北斗星登場)】24系ゆうづる号を廃止。⇒1往復に。
【1990年10月1日改正】1号車に「レディースカー(女性専用車両)」導入。
【1993年12月1日改正】臨時列車に格下げ。
【1994年12月3日改正】廃止。

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. YOU YOU SALON【ゆうゆうサロン岡山号】◆トレインマー…
  2. SLやまぐち号◆トレインマーク&データ!
  3. 急行よしの川号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 急行ゆのくに号トレインマーク 急行ゆのくに号◆トレインマーク&データ!
  5. 特急やくも号・スーパーやくも号◆トレインマーク!
  6. 【や・ゆ・よ】の列車一覧◆愛称別さくいん
  7. スーパーサルーンゆめじ◆トレインマーク!
  8. 夢空間(北斗星)号◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

特急東海号のトレインマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP