急行よしの川号◆トレインマーク&データファイル!

・スポンサーリンク・
急行よしの川号キハ185系ヘッドマーク や行
急行よしの川号キハ185系ヘッドマーク

kiha185系急行よしの川

急行よしの川号の簡単な解説

小松島港駅の急行よしの川◆徳島・小松島~阿波池田を結んでいた急行列車で1999年3月まで運転していた急行よしの川号。

徳島線は遅い時期まで特急の走らない「本線」だったため、屋台骨を背負ってきた列車だと言える。最後の1年間は特急型のキハ185系を使用して、当時すでに設定されるようになっていた特急剣山号と同等の設備を持っていたが、やがて吸収されて消滅した。ちなみに、最後の1日は急行型車両があてがわれて、なつかしい姿で運転された。
*** 画像提供:kogane-turbo様 :谷澤良二様

◆急行よしの川号のトレインマーク

急行よしの川号ヘッドマーク

急行よしの川号ヘッドマーク

国鉄時代に使用されたヘッドマークのいくつかを比べてみると微妙な差異が数多くあるため、おそらく手作りで制作されていたのではないかと思われる。

急行よしの川号のトレインマーク

 

丸ゴシック系のフォントが用いられていたケースが大半だが、カクカクとしたゴシック体の文字が使用されたヘッドマークも現存しているようで、これがどのような時期に用いられたものかご存知の方がいらっしゃるなら教えていただきたい。リバイバル運転かなにかではないかと予想しているが真実はいかに・・・。

 

急行よしの川号キハ185系ヘッドマーク

急行よしの川号キハ185系ヘッドマーク

 

末期になると、特急剣山との共存(1996/3~)が始まったが1往復だけ細々と残り、存在感も希薄になっていた。しかし、最後にひと花咲かせんとばかりに、2年後に特急車両のキハ185系となり、乗り得な列車として一躍注目を集めた。そしてヘッドマークも四角いタイプのものになった。

しかし、種別の異なる列車を同じ形式の車両で設定することは違和感があり、特急利用者からも不評をかうことが容易に想像できる通り、わずか1年で廃止されてよしの川の愛称もここで途絶えた。

◆急行よしの川号のデータファイル

【登場時:1966年】
・ ●運転区間:徳島~阿波池田  運転本数:1往復  使用車両:不明
【1968年10月】増発。6往復に。
【1969年10月】1往復増発。7往復。
急行よしの川キハ58
【1980年10月】1往復廃止⇒6往復に。
【1985年3月】4往復廃止⇒2往復に。
【1986年】徳島~阿波池田のみの運行に変更。
【1996年3月16日改正】特急剣山号が3往復新規設定。急行よしの川が1往復に。
【1998年3月14日改正】キハ185系化。
【1999年3月13日改正】特急剣山号に格上げして急行よしの川号消滅。JR四国最後の急行だった。

タイトルとURLをコピーしました