快速○○のはなし号◆ロゴマーク

観光快速○○のはなし号HM

観光快速○○のはなしの簡単な解説

○○のはなし・2号車◆土曜・休日を中心に新下関~東萩間で運行している全車指定席の観光列車、快速○○のはなし号。先に活躍していた快速みすゞ潮彩号の車両を再改造する形で、2017年に開催された「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」を契機に運行を開始した。

列車名についている「は」「な」「し」とは沿線にあたる、萩(はぎ)・長門(ながと)・下関(しものせき)、それぞれの市の頭文字を意味しており、幕末の志士たちの歴史や文化、海の幸や地酒など、見て、聞いて、感じてみたい「はなし」に出会えるということで命名された。

○○のはなし・1号車

【外観】 前後の先頭部分だけを見ると赤系と緑系の2色の車両なのかと勘違いしそうだが、「洋と和をつないだ海」を意味するブルーが2両にまたがって配色されてグラデーションになっている。

 

海とハマユウとミカンの花

 

 

またさらに、この地の歴史を見守ってきた花として、「夏みかんの花」、「ハマユウ」が細やかにあしらわれていて、華やかさや親しみやすさを演出している。

ちなみに、夏みかんは萩市の果樹であり天然記念物の原木は長門市に現存。またハマユウは下関市の花ということで、これらはデザインに採用されるにピッタリのものだと言える。

○○のはなし・販売カウンター

萩駅に到着する○○のはなし

 

内装は「西洋に憧れた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」をコンセプトに、2両別々のデザインに。緑の顔をした1号車が和風、赤の顔をした2号車が洋風のインテリアとなっている。

洋風の2号車には販売カウンターが設置されている。○○のはなし号にまつわるグッズ類、飲食物などの購入をここで行なうことができる。もちろん、1号車との連結部に近い位置なので1号車からも容易に訪れることができる位置だ。

観光快速○○のはなしのトレインマーク

観光快速○○のはなし号HM車体全体にきらびやかな装飾が施されているが、プレートタイプなどのヘッドマークは用意されていない。しかしながら、キハ40系標準の正面貫通扉の上にある行き先(種別)表示窓の部分に列車名とロゴマークがしっかりと表示されている。

ハマユウの花と夏ミカンの花が可愛らしいワンポイントで描かれていてシンプルながらアクセントが効いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 快速みえ号◆トレインマーク!
  2. 快速サンライナー号◆トレインマーク!
  3. 快速一村一山号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 快速こがねふかひれ号◆トレインマーク&データ!
  5. 新幹線みずほ号◆トレインマーク&データ!
  6. 快速らくらくトレイン村上号◆トレインマーク!
  7. 八戸線・うみねこ号HM うみねこ号(八戸線)◆トレインマーク!
  8. 【観光列車】SL人吉号◆トレインマーク(2009年~)!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

急行かいもんトレインマーク

ピックアップ記事

  1. L特急ひばり号HM
  2. 特急すいごう号トレインマーク
  3. 羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク
PAGE TOP