ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

摩周&川湯温泉足湯めぐり号◆データファイル

足湯めぐり号ヘッドマーク
足湯めぐり号ヘッドマーク

摩周&川湯温泉足湯めぐり号の簡単な解説

◆ 北海道の大自然を行く釧網本線。そこは自然の観光資源豊かで魅力あふれるローカル線だ。釧路湿原・流氷・珍しい野鳥そして複数の温泉。確かにアクセス面での弱さがあり観光客が押し寄せるというまでの状況にはなかなかならないが、魅力を伝える試みがこれまでにもいろいろと行われてきた。その一つがこの「摩周&川湯温泉 足湯めぐり」号である。2か所の足湯がある駅で長めの停車時間を取っていた。

摩周&川湯温泉足湯めぐり号。釧路湿原駅この列車が登場したいきさつは、地域の魅力を発信するために「通常の列車に地域の魅力が伝わる名前を付けよう」という発想からだったようだ。そして、それを目に見える形にしたヘッドマークも用意された。

運転されていたのは2010年5月1日~10月31日の摩周~緑の設定に始まり、網走~釧路間の設定に変わり2011年7月1日~冬季は休みで2015年10月31日までだった。現在では長い停車時間は無くなり、出発時刻を遅らせた普通列車が同じ区間を走っている。

摩周&川湯温泉足湯めぐり号のデータファイル

【登場時:】運転区間:摩周~緑  (往復)
・   使用車両:キハ54系(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました