鉄道旅行記

  1. 【1988年8月16日】充電しながらこの日の宿へ・・・

    疲れた身体を癒す鉄分丸一日の苦闘の末にようやく乗車できた標津線。根室標津駅という、ある意味で最果ての駅を十分に目に焼き付ける余裕もなく、とにかく「腰を下ろす」⇒「来た列車に乗る」という行動をとってしまったことを幾らか後悔しながら…

  2. 羅臼からの道

    【1988年8月16日】高い道と低い街~羅臼から標津へ~

    鉄分補給はまだまだ先!当面の目的地と考えていた羅臼。ここに到着して、とりあえず達成感を味わい…

  3. 知床峠手前から望むオホーツク海

    【1988年8月16日】登って登って駆け下りて~知床峠~

    乙女の涙バス停から15kmの上り坂とてもロマンチックな名前のバス停の前で、僕は覚悟を決めた。…

  4. 【1988年8月16日】網走駅前・集団野宿の夜~いざ!秘境知床へ!

    網走駅前午前1時半街灯がまばらに光るだけで静まり返った街だった。自転車を背負って階段を上り、…

  5. 【1988年8月15日】中湧別駅~サロマ湖畔自転車の旅~網走駅

    湧網線・・・それがまだあったらなぁ。そんな思いが僕の頭をよぎるが、なくなったものはどうしようもな…

  6. 【1988年8月15日】名寄駅・そして名寄本線3時間の旅

  7. 【1988年8月15日】稚内から急行天北の旅

  8. 【1988年8月15日】最北の地をロードレーサーで走る

  9. 【1988年8月14日】急行利尻で向かう日本最北端の駅

  10. 【1988年8月14日】最北端の地に向かう!稚内行き夜行急行利尻。

カテゴリー

ピックアップ記事

Twitter でフォロー

PAGE TOP