◆◇◆サイトの新規記事・更新情報へ◆◇◆

鉄道旅行記

鉄道旅行記

【1988年8月17日】道東の大自然をちょっと味見しに行く

つかの間の釧路駅 僕が乗ってきた根室本線530Dは定刻通りの13:48に釧路駅に到着した。 やっぱり、東のターミナル。釧路駅はとても大きい駅だ。 この駅からは3方向への列車が出入りしている。 たった今乗ってきた根室からの(愛称)...
鉄道旅行記

【1988年8月17日】まったり過ごす根室駅、そして急行ノサップ

根室駅での約1時間は、ただの待ちぼうけの1時間ではなかった。 ツーリングトレインをじっくりと眺めたり、駅舎内の待合室で設備を眺めながら、 さっきの昆布スナックを食べたり。 そして、もう一度駅舎を出ると、駅前に「たい焼き屋さん」があ...
鉄道旅行記

【1988年8月17日】根室の真夏の朝は一桁気温だった!

う~、寒っ! 根室の8月の朝。 気温は昨日の13度を大きく下回る9度。 そう、8月というのに一桁気温の朝を迎えた。 そんな根室での一夜は暖かい布団にくるまっていたのではなく、重ね着したTシャツ4枚+ジャージという、 とてつ...
鉄道旅行記

【1988年8月16日】充電しながらこの日の宿へ・・・

疲れた身体を癒す鉄分 丸一日の苦闘の末にようやく乗車できた標津線。 根室標津駅という、ある意味で最果ての駅を十分に目に焼き付ける余裕もなく、 とにかく「腰を下ろす」⇒「来た列車に乗る」という行動をとってしまったことを幾らか後悔しながら...
鉄道旅行記

【1988年8月16日】高い道と低い街~羅臼から標津へ~

鉄分補給はまだまだ先! 当面の目的地と考えていた羅臼。 ここに到着して、とりあえず達成感を味わいはしたものの、ここはまだまだ道の途中。 さて、ここでひとつ思い出したことがあった。 それはこの日の朝の網走駅でのこと。 TVの天気...
鉄道旅行記

【1988年8月16日】登って登って駆け下りて~知床峠~

乙女の涙バス停から15kmの上り坂 とてもロマンチックな名前のバス停の前で、僕は覚悟を決めた。 別に誰か乙女のためにではなく、目の前の大きな壁の様な知床峠を越えるというチャレンジのためだ。 このバス停付近には結構何人もの人が輪行袋...
鉄道旅行記

【1988年8月16日】網走駅前・集団野宿の夜~いざ!秘境知床へ!

網走駅前午前1時半 街灯がまばらに光るだけで静まり返った街だった。 自転車を背負って階段を上り、 改札口の前へと歩を進めた僕の前には異様な光景が。 電気もほとんど消えて、離れた外灯の灯りがかすかに照らす改札前は、 たくさんのイ...
鉄道旅行記

【1988年8月15日】中湧別駅~サロマ湖畔自転車の旅~網走駅

湧網線・・・それがまだあったらなぁ。 そんな思いが僕の頭をよぎるが、なくなったものはどうしようもない。 さぁ、今すぐ網走に向かうか、それとも野宿をするか・・・。 数名いた降車客がすべて駅舎を出てから僕は駅員さんに尋ねた。 「...
鉄道旅行記

【1988年8月15日】名寄駅・そして名寄本線3時間の旅

明るい名寄駅でのひととき 629Dが出発するまでまだ約50分。 時間つぶしのため改札を出てみたが、名寄駅は昨夜2時台とはまるで違う雰囲気だった。 あの深夜2時の景色はもしかして幻想? あのとき僕は本当に雪見だいふくを自販機で買...
鉄道旅行記

【1988年8月15日】稚内から急行天北の旅

乗り遅れるなよ! 稚内駅前に戻ってきた僕はちょっと慣れた手つきで輪行袋を開いた。 さっさと自転車を解体し、フレーム、フォーク、ヘッドパーツ、ホイール、 ハンドル、サドル、ペダル・・・とひとつずつ確認していった。 すべてをしっかり袋に...
・スポンサーリンク・
タイトルとURLをコピーしました