◆◇◆サイトの新規記事・更新情報へ◆◇◆

【1988年8月20日】「青森駅、そしてモーニング」寝台特急北斗星の旅~その4

・スポンサーリンク・
鉄道旅行記

前頁⇒【1988年8月19日】「何度さよならを告げただろう」寝台特急北斗星の旅~その3
1988鉄道旅行★北海道の目次

ただいま!本州!

単調な光の流れが心地よかったのか、青函トンネルの中で寝落ちしてしまったようだ。少し揺さぶられるような感覚でふと目が覚めた。それはゆっくりと分岐器の上をいくつか通りながら青森駅に入線するところだった。時刻はまもなく20日の0時00分になる。停車時間は8分ある。そこでふと思い出した。

「スタンプ!」

北海道に向かっていたあの日は特急白鳥号から急行はまなすの自由席に移動して座席を確保しなければならない最優先事項があったため青森駅のスタンプどころではなかった。だからその必要がないこの8分間はぜひともスタンプを! ということでノートを丸めて握りしめ、デッキに向かった。

※参照:白鳥⇒はまなす

静かにドアが開いたと同時にホームに降り、勢いよく跨線橋を駆け上がり、左と右も確めずにあてずっぽで走っていった。僕が向かった先は西口。そう、長い通路の先は裏玄関の方でスタンプはなかった。8分の停車時間は長いようでそうでもない。残念だったが乗り遅れたらどうしようもないのであきらめて列車に戻ることにした。階段を下りていたところ、機関車の連結音が響いた。700Kmを超える最長区間を担うのはEF81だ。

ただ、この時はそのまま列車に乗り込んだので機関車の姿を見ることはなかった。ここで見なければもう見るチャンスがなくなるとは気づかずに・・・・。

北斗星2号はここでもまた反対方向に動き出した。つまり札幌を出発した時と同じ向きに戻った。青森駅からは秋田方面に向かう奥羽本線の線路と仙台方面に向かう東北本線の線路が大きく分かれ、グネグネと入り組んでいて楽しい。

「白鳥に乗ってきたときはあっちから来たんだよなぁ」なんて思いながら、離れていく線路を見つめ、再びゆっくりと目を閉じた。夜の最後の停車駅となる八戸駅は全く気付かないまま、次に目が覚めたのは運転停車の盛岡駅、列車が動き出すところだった。反射的に「あ!スタンプ!」などと思ったが、ここは運転停車。どうあがいてもスタンプは無理だった。

北斗星2号は夜明け前の4時51分に仙台、そして5時53分に福島に停まったはずだが、疲労困憊の身体は反応することなく、次に気が付いたのは6時33分発の郡山駅から列車が出発しかけているところだった。もうすっかり夜が明けて朝の世界になっている。

「お、そうだ!6時半を過ぎたからモーニングタイムが始まったはず!」

そう気付いて食堂車グランシャリオに行くことにした。
朝食は予約制ではないので飛び入りで大丈夫だ。そしてこの朝食分のお金だけはしっかり取り分けている。

至福のモーニングタイム~グランシャリオのひととき

グランシャリオ・サインプレート

グランシャリオ・サインプレート

食堂車・グランシャリオのモーニングタイムでは座席はフリーだった。窓際の席に座り、置かれていたメニューに目をやった。すると僕と同年代の ❝さわやか男子❞ が「ここ、空いてますか?」と尋ねてきた。

「あ、どうぞどうぞ。」

ウェイトレスさんが来てくれるまでの間、彼はいろいろとフレンドリーに話しかけてきた。すると、なんと僕と同じB寝台個室ソロを利用しているという。わずか8部屋しかないこの部屋を取るのにどれだけ苦労したか、何度もキャンセル確認をして直前に手に入れたことを話すと驚いたような顔でこう言い放った。

「僕、一発で取れたんですよ」

「・・・・。 えぇ~!」

あまりの驚きに、大きな声を出してしまった。彼は高校2年生、つまり一つ下だったが落ち着いていた。彼は僕のことを同じ学年だと予想したらしいが、「3年」だと言ったところ、

「あの~、少し上かと思ったんですけど、3年生だったら受験の人とかもいるので2年生って言ってみました。」と、うまいこと繕ってきた。まぁ一年くらいの間違いはたいしたことはない。僕自身、この旅行中に大学1年生を高校1年生と聞き間違えてタメ口を使って恥ずかしい思いをしたことを思い出す。本当にこの旅行ではいろいろなことがあった。

やがてウェイトレスさんが来てくれた。昨夜の優しい人だった。感謝の気持ちを込めて会釈し、「洋風朝定食」をお願いし、飲み物はオレンジジュースにした。目の前の彼も同じものでトマトジュースを頼んでいた。ようやくちゃんとした食事をすることができ、「この瞬間だけは北斗星の乗客らしく見えたかな?」などと思ってふと微笑んだ。食べ終えた僕は高2の彼にさよならを告げて自分の部屋に戻っていった。

時刻はもうとっくに7時を回っており、宇都宮で下車する僕には残り30分ほどとなっていた。荷物を整え、数をチェックして忘れ物がないようにした。旅行中この習慣はしっかり身についた。

次の停車駅が宇都宮なので、車掌さんがやってきた。「おはようございます。お部屋の鍵をいただきに来ました。」 そうだ。当初はカードキーではなく古いホテルのように大きなホルダーがついたカギだったのだ。

鍵を返却した直後、「オレンジカードはいかがですか?」と言われた。いやいや、お金がすっかりピンチだからそんなところに使う余裕はないんだよと心の声が叫んでいたのだが、よく見るとそのオレンジカードには乗車証明書がついている。「うぉ!乗車証明書!」と目に留まってしまい、カバンの底に入っていた「何かあったとき基金」の、最後の1000円札を取り出してしまった。

「あぁ~、自分のバカバカ!この後本当に何かあったらどうするんだ!」 しかし、その1000円札は車掌さんのバッグに吸い込まれ、乗車証明付きのオレンジカードが僕の手に残っていた。北斗星2号は定刻通り7時56分に宇都宮駅に着き、貧困と優雅の入り混じる思い出深い夜はここで終わりを告げた。2分の停車時間の間に反対側のホームに渡り、そこから青い列車が一両また一両と走り去っていくのを見送った。

次頁⇒【1988年8月20日】宇都宮から群馬小旅行

1988鉄道旅行★北海道の目次

タイトルとURLをコピーしました