◆◇◆サイトの新規記事・更新情報へ◆◇◆

【1988年8月19日】なぜか札幌市内バス観光へ

・スポンサーリンク・
藻岩山から見た札幌市全景 鉄道旅行記
藻岩山から見た札幌市全景

⇒ 前頁 【1988年8月19日】良一さんを待つ時間~やり残したことないかな~
1988鉄道旅行★北海道の目次

守り抜かれるルーティーン

時刻は9:15。僕は1番ホームに置いたままの自転車が無事であることを確認し、南口改札を出た。待ち合わせまでまだ10分以上ある。まぁ良一さんのことだから早めに到着するということは考えにくいが、そろそろ迎えに来てくれる時間が近い・・・はず。

改札のそばには見知らぬ女の子が同じように人を待っているのが見えた。不思議なもので、「待っている」対象のいかんにかかわらず、「待っている」立場の人が僕だけじゃないと思うと気楽な気持ちになる。とはいえ、9:30になっても良一さんが来ない。ふ~っとため息が出始める。そして女の子にはちゃんと待っていた人が来て去っていった。「デートかよ」

9:35。 「もしかして場所を間違えたのかな?」そんな不安がよぎり、南口から地下南口に行ってみたり、南口改札から南口入口ゲートを探したり、うろうろした。そうして戻ってきてみると、眠そうな目で立っている良一さんの姿が見えた。彼は言った。

「やぁ。」

「やぁじゃないですよ~。探しちゃいましたよ~。」

「ごめんごめん。ご飯食べて新聞読んでコーヒー飲んだりしてたもんだから・・・」

そう。何があっても彼のルーティーンは崩れない。むしろ尊敬に値する強固さだ。しかし、豊平の友人宅に預かってもらっていた荷物を持ってきてくれた。コインロッカーに預け、この後の時間を過ごすことにした。

これからどうする?

北斗星2号に乗るまでの猶予は7時間少々。これから何をしようか。先日あった時には支笏湖にドライブしようか?と言ってくれていたからその線が濃厚なのかな?と思っていた。もっとも僕はまだ道内の距離感がしっかりつかめていないので支笏湖までどれくらいかかるのかもよくわかっていなかったのだが。

しかしそんな想像とは全く違った提案を良一さんがしてきた。

「観光バスに乗らない?」

「えっ!?」

「いやぁ、支笏湖は車が混むかもしれないしさぁ。」

ドライブに連れて行ってもらうことを期待したのが厚かましかったのかもしれないが、実のところ自由に使えるお金はもう食事代くらいしか残っていなかった。

「実は母さんからお土産代を預かってるんだけどさぁ、お土産よりも本人を楽しませるのに使った方がいいんじゃないかと思ってさぁ」

そう言われて「いやいや、そんなのいいんだよ」とも言えず、とりあえず観光バスの受付に行ってみた。

観光バスチケット売り場にて

場所はエスタデパートにある観光バスチケット売り場。
受付では3つのコースがあることを紹介されたものの、一番リーズナブルな1500円ほどのアカシヤコースは次の発車が14:30だという。運行時間が3時間50分なので、戻ってきたときには北斗星2号はもういない。だから無理だというと、「時間ずらせない? 次の列車に乗ったら?」と驚愕の一言が飛び出した。

「いやいやいやいや、今夜のきっぷは十数回のキャンセル待ちの末に取った、超が10個くらいつく超プラチナチケットなんですよ。それは絶対に、無・理・で・す。」

それじゃぁというわけで2800円のポプラコース(10:25発)を勧められた。あまり気乗りしない僕の隣りで、良一さんは財布の中身を見つめて考え込んでいる。そしてこう言った。

「2800円くらいあるでしょ?」

「いやぁ、晩御飯を抜けばないこともないけど・・・」

「じゃぁせっかくだから乗ろうよ。僕も乗りたかったんだ!」

こうして僕の晩御飯、つまり北斗星でのディナーは観光バスの旅に姿を変えた。
もちろん、そうと決まったらそれを十分に味わうべし。
それでも心の中で叫ぶ自分がいた。

「お子ちゃまか~~~~い!」

そしてふと気づいた。2800円のコースで2800円を僕が出すということは・・・。お土産代で自分が乗るんか~~~~い!

そう思った直後に心の声が届いたのか、「バス代、半分出すから。」
半分出してもらえて半分だけホッとした自分がいた。

札幌周遊・ポプラコース

実のところ、バスはあまり得意ではない。特に空気の流れがあまり良くないデパート下のターミナル。早く動いてくれ~と思った時、実際に定刻通り動き出した。この日は利用者が多かったのか、1号車と2号車が連なって出発した。

軽やかに走り出し、この北海道の景色の中を走るとなればかなり違った印象になる。それもそのはず、いきなり超有名スポットの一つ、ポプラ並木に連れて行ってくれたのだ。これはテンションが上がるぜ!ということでバス旅をそれなりに楽しんでいった。走行中、バスガイドさんが街路樹を指さして「アカシアに見えるこれらの街路樹は実はニセアカシアという木で・・・」という説明をしてくれた。豆知識ということか。イメージアップにはつながらない気がするが。

バスはやがて札幌市の西側にそびえる藻岩山のふもとに来た。そしてワッペンを手渡され、フリータイムを告げられた。ロープウェイに乗れること、バスの出発時刻のことなどの説明を受けてバスから離れた。

良一さんとともにロープウェイ乗り場に向かった。かなり混雑してはいたが思いのほか早く順番が来た。15人乗りだったかと思う。BGMとしてT-SQUAREのGRAND PRIXが流れていた。ここでようやく良一さんと意気投合。フュージョンの曲についていろいろと語り合った。

藻岩山から見た札幌市全景

藻岩山から見た札幌市全景

藻岩山ロープウェイから札幌市内を一望するとまるでレゴブロックをひっくり返したようだった。
駅に到着して今度はさらにリフトに乗って山頂へ。心地よい風に吹かれてゆらゆらしながら地面の芝生を見下ろすと、たくさんの赤とんぼが飛んでいるのが見えた。
そこから見えた景色はナノブロック?

こういう体験は僕が自分では計画しなかったものだから形はどうあれ結果的には貴重な体験だった。

藻岩山で記念写真

藻岩山で記念写真

そしてこの一連の旅行で自分が記念写真に写っているのは5枚だが、そのうち2枚は良一さんによるもの。そしてここでファンタ・アップルミックスをおごってもらった。なんだかんだで、・・・ありがとう。

ふたたびバスでの点呼が行われた。何事もなく出発するバス。進んでいくと札幌市電が走っていた。ササラ電車が有名だが今は真夏。路面電車らしい電車たちが見られる。バスガイドさんによると「交通量が増えてきて路面電車はここだけになってしまいました」とのことだった。

国道230号線を南下し、豊平川を真駒内競技場に渡る五輪大橋を進む。数日前、急行利尻で稚内に向かう前にここを訪れていたが、なんだかずいぶん前のような感じがする。それだけ北海道周遊の旅が様々な経験や印象深い出来事でいっぱいだったということなのだろう。

バスはさらに進みアルミ製の太いパイプの下をくぐる。札幌市営地下鉄、タイヤで走るあの路線だ。騒音対策が徹底しているなぁ。

バスの旅もそろそろ終盤に入っている。次に向かった場所は札幌を代表する観光地、羊ケ丘だ。バスガイドさんがウェディングパレスがどうとか鐘がどうとかそんな話をし始めていたが、「ふ~ん、これからそんな場所に向かうのか~」と思った時にはもう駐車場に入っていた。

その名の通り、羊たちが気持ちよさそうに放牧されている。写真を撮ろうとするとプイッと後ろを向いてしまうので後ろ姿しか撮れないが・・・・。
(現在ならこの写真の右端の位置に札幌ドームが写るくらいの位置だろう)

羊ケ丘の羊たち

羊ケ丘の羊たち

広がる草原と遠くに見える市街地のアンバランスさが面白いなぁと感じた。記念写真を撮り、隣にあるクラークさんの像を見てレストハウスに向かった。ここでお土産を買うような経済的余裕はない。しかし・・・

札幌・羊ケ丘で記念写真

札幌・羊ケ丘で記念写真

良一さんは言う。「ここのアイスクリームは絶対食べたほうがいいよ。絶対おいしいから。」
250円さえも使うかどうか躊躇してしまう状況ではあったが、ここは話のネタにということで食べることにした。確かに濃厚でとってもおいしいアイスクリームだった。

バスのところで最後の点呼が完了し、札幌市中心部に向けて出発した。国道36号線に出る交差点を左折。このまま北西に向かうと札幌駅の南側エリアにたどり着く。すすきの、狸小路、大通公園など。そこに向かう道中、サンクス美園4条店が見えた。「お、あの店でホロシリ小麦の食パンを買って食べたんだったな。」そんな小さな出来事もふと思い出す。

バスガイドさんの最後の観光案内は中島公園。緑が多くてスポーツ施設などがあり、デートコースとして最適なのだとか。「少なくとも僕には関係ない情報だ・・・。」

札幌バストリップのフィナーレ

観光バスは出発地点である札幌駅バスセンターに向かっていたが、ありがたいことに時計台前で降りることもできるという。
「時計台でお降りになることを希望される方、手を挙げていただけますか~。」
どうしようか?と考えるまもなく、良一さんは手を挙げていた。バスは停車し、僕たちと他に数名がその場所でバスを降りた。

良一さんは「あっちに行こう。いいところあるから。」とすたすたとすすき野方面に向かった。狸小路を過ぎ、すすき野の名所の一つであるラーメン横丁に案内してくれた。15,6件並んでいるだろうか。長い列を作っているひぐまというラーメン屋さんに僕たちも並んだ。そしてここは良一さんがおごってくれるという。お、うれしいな。

行列だからどれくらいかかるんだろうかと心配していたが、この店の回転率はかなり早かった。その理由は「先に注文聞いておきますよ! みそ、しお、しょうゆ!どれにします?」と、3つの選択肢のみ、そして早めのオーダーを取るからだろう。僕は北海道に来て醬油ラーメンを中心に、塩ラーメンも食べていたからここは味噌ラーメンを食べることにした。待ち時間は15分。あれだけ人がいた中では上々だろう。そしてコクのある味噌がおいしいラーメンだった。食べている間も「みそ、しお、しょうゆ!」の声が何度となく響き渡っていた。

しっかりお腹が満たされて、店を出たら大通公園に向かった。とうきび焼きの屋台が出ていて香ばしい香りがあたり一面に広がっていた。ベンチに座ってのんびり過ごす。じゃぁこのあたりを散策して過ごしますか、良一さん・・・。あれ?なんだかそわそわしてる・・・?

もしかしたら何か予定を忘れていたのを思い出したのかもしれない。
「あの~、そろそろ帰らないといけなくなってさぁ~」 と言い出した。どう見ても何か焦っている。「駅まで送るから、もう行こう。」と言ってくれたが、もう十分いろいろ時間を取ってくれたからお断りした。

「札幌駅までなら自分で行けるので大丈夫です。ありがとう」

「ほんとに大丈夫?気を付けて!じゃぁ。」

そう言葉を残して良一さんは地下鉄の方へと消えていった。
あっけないお別れ。そして想定外の一日。いろいろ振り回された感もあったけど、結果的には面白かったよ。ありがとう良一さん。

時刻は14:30。 僕は北斗星2号出発までの残り2時間半をどんな風に過ごそうかと思案しながら札幌駅への道を歩いた。駅に着くとまずコインロッカーの荷物を取り出し、改札を通って置き去りの自転車を見に行った。

「無事かな・・・」

タイトルとURLをコピーしました